一声かけ目、ゆーっくり歩いている子に声かけ。
持ち物いじりオープン。とあるテーマパークに一人で行ってきた帰りで、ブラブラしていたらしい(案の定暇していたw)。
「今日は神社でお祭りやっている。一人で見に行くのは痛いから、一緒に見に行こうよ」で連れ出し。
歩いている時に「人ごみ苦手」発言出たので、行先変更して公園へ向かう。
長い距離歩いてようやく着いたら、夜は閉鎖されてた。泣
帰ろうとされるが、「せっかくここまで来たからカフェで少しだけ休もうよ」でカフェイン。もちろん横並び席(カウンター)へ。

友達いないと自称するだけあって全然話さないが、こちらがなんとか話を進めていく。
相手のことを話題の中心にして色々話を振ってやるが、相手がコミュ障すぎて上手く答えられないような場合も多かった。
その場合は、こちらがユーモアでフォローしてあげた。相手はケラケラ笑ってくれ、会話の雰囲気が悪くならなかった。

昔の自分だったら確実にお互いが沈黙して終わっていたケース。
自分は相変わらずショボ腕であるが、和みの技術は確実に成長したと思う。
昔は自分のアピール話ばかりして、相手にブロックされまくったが(ペアーズアポ10連敗とかしていたw)
最近は相手の話を「ふんふん」と聞いてやることができるようになった。

軽めのボディタッチもちょくちょく入れて和んだあと、30分で退店(和み不十分とは思ったが、もう限界w)。
歩きながら「2件目行こう。お酒好きでしょ。オレん家近いから、軽く飲もう。時間も早いから30分だけな。」打診。
帰るグダを何度も受けたが、一か八かでタクシーを止めた。
そしたら「怖い」とか言いつつも、何とか乗ったw

家着いて話をしつつ、ぎらついていく。処女(19歳)なので、怖がっていた。
「グダが入ると、また話に戻って和み直し」を繰り返し、定石通り進めていった。
なんとかテマンまでして、ゲット。しかし、相手の心は明らかに開いていなかった。
虚しい即。

終わった後、相手は放心状態だった。「いきなり過ぎてごめんな、怒っている?」と聞くと、「うん」ってうなずいていた。
スト値低く、会話も楽しくないので、2人に未来はないなあ、と思って、申し訳ないと思いつつ連絡先交換の打診はしなかった。
駅まで送ってやって、解散。

後味は悪いが、5月なんとか坊主は免れた。(7か月ぶりの「即」だな)
とにかく女の子に感謝。
昔の自分を見ているような孤独な女の子だったが、いつかコミュ障克服して友達も作って、いい女になってほしいな。



<後日談>
出張から帰ってきた時、ふと家のオートロック玄関前に付箋が貼られているのに気づいた。
「何、これ?」と思って読んでみると、以下の文言が書かれていた。
「××さん、○○です。もし覚えていれば連絡ください。LINE⇒・・・・」
とても驚いた。。。。一体どういう意図であろうか?
また会いたいなと思って連絡しようか少し迷ったが、やっぱり怖かったし、結局やめた。
関連記事