記事一覧

タダナンパ実践(即)

<前回ツイート>
服飾系フリーター処女連れ出し。とはいえ、タダナンパ実践中につき路上ベンチへwケチなオレは、連れ出し負け多すぎてナンパが嫌になっていたが、もう大丈夫。無料でトークの練習にもなるし、素晴らしい。家を買ったため、現在マジで金欠という設定w。1時間以上和んで、次回アポも取り付けたー!

先日↑、タダナンパ実践で路上ベンチ連れ出しした、フリーター22歳、処女の子と居酒屋アポ。

密着感のある横並びの席を確保できてラッキー。
前回1時間以上話して和んだので、最初から食いつき良好。
ひたすら聞き役に徹する。よく話してくれるので相性の良さを感じる。
時折軽めのボディタッチも挟むようにする。
普通の話題、恋愛の話題を交互に織り交ぜる。秘密も引き出すことにも成功。
終始足の接触あるが、全く質問が来ないので、いまいち食いつき度が図れなかったが、
2時間経ったところでとりあえず「家で続きを話そう。別に襲ったりしないから」と打診⇒ノーグダ。
処女だし、女の子の日と言っていたので、別に無理なら今日はいいやと思っていた。
その余裕が伝わったのかも。

家へタクシー移動。間接照明で雰囲気を出し、BGMを流して沈黙による気まずさを回避。
会話をしばらくした後、落ち着いて軽くギラツキ。
一度グダあったので、セオリー通り雰囲気を崩さないようすぐにフォローして、また会話を継続。
しばらくしてから再度ギラツキ。キス成功。
後ろから抱きしめて、耳元・首筋を攻めて感じさせる。マッサージもしてあげる。
そして「生理だったら仕方ないけど、手で気持ちよくしてよ」とチンコを触らせる。
今度は「お返しに気持ちよくしてあげる」と手マン。
最後はノーグダで服を脱がして挿入。痛そうにしていたので少し苦労した。
処女の子だし性格も良いので、今後も丁寧にフォローしてあげるつもり。

<今回の振り返り>
アプローチについては、タダナンパにつき初日の経費はゼロ。費用はアポの居酒屋代金のみ。
また、十分時間をかけて会話で食いつきや和みレベルを上げることができた。(⇒彼女やキープを作れる方法)
そして最後、スムーズなギラツキができた。情報商材で1か月以上インプットしまくった成果が出たと思う。
今回、費用を極力かけない、自分に一番ふさわしい流れを確立できたのではないかと思う。
①路上長時間トークで惹きつけ⇒②(後日)格安居酒屋アポで和みに徹する⇒③家でギラツキ
ナンパ最高の時期である4月。最終日になんとか1ゲット出来たのは良かった。


<後日談>
後日再開して、自宅デートした。
その後、遊園地に行く約束していたが、別件で都合悪くなったので延期してもらうことにした。
それから連絡がパタと取れなくなってしまった。
約束を反故にしてしまったのが不味かったか?ヤリモクと思われた?
アポを優先すべきだったと後悔。
やはり、1回Hした後は、期間を空けずにどこかに連れていってあげて(あえてH抜きで)、共通の体験を通じて強力な和みを築かないと。
特に、即とか準即とかHするまでが短かった場合においては。
関連記事

★このエントリーをはてなブックマークに追加↓
このエントリーをはてなブックマークに追加

★他の有名ナンパブログはこちら↓
にほんブログ村 恋愛ブログ ナンパ・逆ナン(ノンアダルト)へ

★くりぼうずの恋愛ノウハウ↓
note

プロフィール

kuribozu

Author:kuribozu
30代くりぼうずと申します。非リア充・陰キャで、10代と20代ずーとモテない人生を送ってきました。

ちなみに、くりぼうずは中学生時代のあだ名です。
私の頭の形が栗型だったからか、ただ単に同級生達がクリトリス好きだったからなのか由来は知りませんが、当時は卑猥なこのあだ名で呼ばれるのが嫌でした。。。
今活用できてラッキーだがw

中学・高校と男子校で、勉強漬けの毎日で、出会いゼロ。
中学で成長が止まり、周りとの身長差が広がる日々。身長コンプレックスによるうつ病になった。今思うと、「これから苦労の人生を送ることになる」と無意識ながら本能的に感じていたのかもしれない。

勉強一筋の生活だったのにも関わらず、大学受験に失敗。浪人することに。同じクラスにとてもかわいい女がいた。今まで一度も話したこともないのに、帰り道に尾行して、勇気を出して「ちょっと話しませんか?」といきなり声かけ。不自然すぎで、あっさり撃沈。ストーカーかよw でも、これが人生初ナンパだったのだなと思う。

ようやく入った大学も理系だったので、環境はほぼ男子校状態。入ったサークルも全員男子。おまけに当時は、低身長・低能力・彼女無など、劣等感にまみれており、人と関わることを避けていた。要するに、自分と他人を比較できないように、現実から目を背け、逃げていたのだ。こうして、友達も少ないコミュ障男が出来上がった。

社会人になって同期の女の子で好きな子ができて、向こうも最初好意があったと思うが、自分の恋愛能力ゼロゆえに、告白することすらできず、あっけなく自滅。。。。
その後も、同期の美人が先輩と結婚したりと、苦汁を舐める人生でした。
何年もずっと街中でカップルを見かけるたびに心底悔しかった。
(今でも美女カップルを見ると悔しいです。この悔しさから解放された時、自分はナンパを引退できるのでしょう。)

25歳まで童貞でしたが、性欲だけは群抜いていたので、韓国旅行中に風俗で40歳くらいのババアと初体験した後、長年海外風俗に入り浸っていました。何年もモテないことからずっと目を背けてきた訳です。そんなオレの状況を見るにみかねた会社の先輩が、オレのために合コンを企画してくれましたが、緊張して女の子とろくに話せず、非モテをさらして恥ずかしい思いもしました。会費を免除されたくらいです笑

「このままオレは一生結婚できずに死んでいくのか?それは嫌だ。それなら、結婚相談所に行って可愛くない女と結婚するしかないのか?」そんなことを考え出した30歳の時(海外勤務中)に、ネットナンパを始めてみました。待っているだけではオレは一生彼女できないとようやく悟ったわけです。そこでなんとか人生初の彼女(現地人)を作りました。その後、他にも10人(全て外国人)ほどゲットし、うち2人とは良い関係を築けました。

日本に帰ってきてからもネトナンやって彼女を作ろうとする。だが、低身長やルックスの悪さも関係したのか、さっぱりモテず(10連続アポ負け等)、ついにネトナン放棄。どうせなら自分の好みのタイプと出会いたいと思い、ストリートナンパを始めました(2015年~)。

継続しているうちに、そこそこゲットもでき、今付き合っている大切な彼女もできました。出口の見えない恋愛の呪縛から解放され、自由になれたのは良かったです。そして、度胸もついて会社での振る舞い方が向上したのは良かったw
最終的な目標は「かわいいセフレを5人作れる」「年間50即できる」実力をつけることです。

全記事表示リンク

検索フォーム

カテゴリ別記事一覧

つぶやき