最近ゲットが出来なくて悩んでいた。
相手の本音を引き出す会話ができるようになったのに、なぜゲットできないのか?
なぜ他の人は沢山ゲットできているのに、自分はゲットできないのか?
1週間ストを中止し、悶々としながらその原因を調べていた。
特に、SPさんにいただいた資料を読み漁っていた。

さて、3週間前にバンゲした地方出身の子とアポ。
最寄り駅の居酒屋チェーンへ。あえて横並びに座ったのは良かったw
真面目すぎる会話にならないように気を付けながら(適当トーク)、
某凄腕の話し方を真似たマシンガントークをした。
ちょいちょいイジリも入れた。自分の話によく笑ってくれて、反応は良好だった。
あとで口説くこともほのめかしたりもした。
そして最も意識したのがボディタッチ。
1時間半ほど和んで、退店。

2件目で自宅飲みを打診。難色を示されたが、コンビニでお酒を買ってなんとか自宅イン。
あとはほぼノーグダ。相手は酔っていたためか、盛り上がってたww
20代後半と思えない肌が美しかった。2回対戦。

ピロートークで、いつこういう関係になると思ったか聞くと、
大衆居酒屋に入った時、とのこと。
ワンナイトなんだろうなと思った。真剣ならもっとちゃんとしたお店を選ぶでしょうとのこと。
なるほどなー!ゴメン!
地方の子はすれてないから、素敵だなー。

<考察>
以下の内容をインプットし、ボディタッチ等、ギラツキまでの流れを意識したのが今回の成功した要因か。(特に、②ソフトタッチ)
SPさん、ありがとうございました!
以前、ツイッターでつぶやいた「1件目では何もせず、2件目の個室に入ってからギラを開始した」行動について、おっさん師匠に駄目出しされたことがあった。その時は意味がよく分からなかったが、今言いたかったことが分かったw
「連れ出した最初の段階から、言葉ギラとボディタッチを連続して小さく打っていけ」ということを言いたかったのだろう。

・ぎらつきには流れ(①ぎらつきまでの流れ+②ギラツキ中の流れの両方)が重要。女はいきなり大きなステップを超えることができないので、小さく段階を踏みながら、最後まで一定のペースを保つこと。ボディタッチは、出会いの初期段階から始めて、小出しにしていくのがポイント。
・会話により、自然にギラつくことができる「流れ」を作る。店を出るときに「このあと本気で口説くよ」と言って反応を見てみる。いちゃつく際に、「恋人気分を味わいたい」と伝えるなど。
・ボディタッチは必ず、言葉と一緒に(=褒めながら)、繰り出すこと。数秒以内で、動きながら触るといやらしくない。相手の反応をよく観察しながら進めることが大事。
・順序が大事。小さなステップを意識する。①近くに座る⇒②ソフトタッチ⇒③手繋ぎ⇒④肩や腰を抱き寄せる⇒⑤キス⇒⑥耳/首舐め⇒⑦胸⇒⑧股マッサージ⇒⑨テマン⇒⑩セックス。女はいきなり、①(トークのみ)⇒⑤(キス)へは乗り越えられない。
関連記事