記事一覧

愛を知る

出会ったのは、夏休みに一人で旅行に行った時だった。

バス停でその人は一人待っていた。同い年くらいだろうか?
「○○駅行きのバスってここですか?」を声をかけた。
「そうですよ。」少し愛嬌のある顔でニヤニヤと照れ笑いしていた。
隣に座って、共通の趣味について話し合った。
その後、バスに乗り、同じ電車で首都圏へ戻って、一緒に食事をした。
若く見えたが、実際はバツイチでもうすぐ40歳とのことだった。若い時は相当な美人だったんだろうなと思った。

1週間後、夕食アポ。たまたまその人の40歳の誕生日だった。
食事後、何も言わずにホテルへ誘導。ホテル前で「彼氏がいるから」グダがあったが、耳⇒首筋⇒唇の順番でキスし、なんとかホテルイン。40歳に見えない美しい裸体だった。

その後、2人で1泊の温泉旅行に行った。お互い性欲が強く、SEXは異常に盛り上がった。
しかし、3回目の旅行の時、周りの若いカップル達を見て、自分がふと悲しくなった。
SEX中も、もはやあまり興奮していない自分に気づいた。

先週のこと。「明日夕食を一緒に食べない?」と、珍しくLINEが来た。急に会いたくなったとのこと。
彼女のことが好きだからもちろんすぐにYESと返事したものの、その一方でなぜか面倒くさいなと感じる自分がいた。
夕食後、ホテルへ。でも、イケなかった。というか、たたなかった。
「彼氏に悪いし、もう会わない方がいいかもしれない」といつものように彼女は言った。
こういう時いつも僕はスルーしていたが、このときはじめて「確かにもう会わない方がいいね」とぽつりと僕の口から出た。
その瞬間、急に涙が溢れて止まらなかった。2人で一緒に過ごした光景が次から次へとフラッシュバックしてきた。
最初は遊びのつもりだったが、だんだんと彼女のことが心から好きになってしまっていた。
でも一方で、身体の方はもう魅力を感じなくなっていた。

服を着てホテルを出る準備をしている時の、彼女の少し寂しげながら穏やかな横顔が印象的だった。
欲しくても子供に恵まれず、旦那の浮気で離婚して、40歳を迎えた彼女がいつも不憫だった。
でも自分には彼女を幸せにしてやることもできず、そのことを心から謝った。
最後に、彼女はずっと泣き続ける僕にこう言った。「出会いあれば、別れあり。お互い幸せになろうね。」

これから先、彼女ほど相性の良い人に果たして出会えるのだろうか?
関連記事

★このエントリーをはてなブックマークに追加↓
このエントリーをはてなブックマークに追加

★他の有名ナンパブログはこちら↓
にほんブログ村 恋愛ブログ ナンパ・逆ナン(ノンアダルト)へ

★くりぼうずの恋愛ノウハウ↓
note

プロフィール

kuribozu

Author:kuribozu
30代くりぼうずと申します。非リア充・陰キャで、10代と20代ずーとモテない人生を送ってきました。

ちなみに、くりぼうずは中学生時代のあだ名です。
私の頭の形が栗型だったからか、ただ単に同級生達がクリトリス好きだったからなのか由来は知りませんが、当時は卑猥なこのあだ名で呼ばれるのが嫌でした。。。
今活用できてラッキーだがw

中学・高校と男子校で、勉強漬けの毎日で、出会いゼロ。
中学で成長が止まり、周りとの身長差が広がる日々。身長コンプレックスによるうつ病になった。今思うと、「これから苦労の人生を送ることになる」と無意識ながら本能的に感じていたのかもしれない。

勉強一筋の生活だったのにも関わらず、大学受験に失敗。浪人することに。同じクラスにとてもかわいい女がいた。今まで一度も話したこともないのに、帰り道に尾行して、勇気を出して「ちょっと話しませんか?」といきなり声かけ。不自然すぎで、あっさり撃沈。ストーカーかよw でも、これが人生初ナンパだったのだなと思う。

ようやく入った大学も理系だったので、環境はほぼ男子校状態。入ったサークルも全員男子。おまけに当時は、低身長・低能力・彼女無など、劣等感にまみれており、人と関わることを避けていた。要するに、自分と他人を比較できないように、現実から目を背け、逃げていたのだ。こうして、友達も少ないコミュ障男が出来上がった。

社会人になって同期の女の子で好きな子ができて、向こうも最初好意があったと思うが、自分の恋愛能力ゼロゆえに、告白することすらできず、あっけなく自滅。。。。
その後も、同期の美人が先輩と結婚したりと、苦汁を舐める人生でした。
何年もずっと街中でカップルを見かけるたびに心底悔しかった。
(今でも美女カップルを見ると悔しいです。この悔しさから解放された時、自分はナンパを引退できるのでしょう。)

25歳まで童貞でしたが、性欲だけは群抜いていたので、韓国旅行中に風俗で40歳くらいのババアと初体験した後、長年海外風俗に入り浸っていました。何年もモテないことからずっと目を背けてきた訳です。そんなオレの状況を見るにみかねた会社の先輩が、オレのために合コンを企画してくれましたが、緊張して女の子とろくに話せず、非モテをさらして恥ずかしい思いもしました。会費を免除されたくらいです笑

「このままオレは一生結婚できずに死んでいくのか?それは嫌だ。それなら、結婚相談所に行って可愛くない女と結婚するしかないのか?」そんなことを考え出した30歳の時(海外勤務中)に、ネットナンパを始めてみました。待っているだけではオレは一生彼女できないとようやく悟ったわけです。そこでなんとか人生初の彼女(現地人)を作りました。その後、他にも10人(全て外国人)ほどゲットし、うち2人とは良い関係を築けました。

日本に帰ってきてからもネトナンやって彼女を作ろうとする。だが、低身長やルックスの悪さも関係したのか、さっぱりモテず(10連続アポ負け等)、ついにネトナン放棄。どうせなら自分の好みのタイプと出会いたいと思い、ストリートナンパを始めました(2015年~)。

継続しているうちに、そこそこゲットもでき、今付き合っている大切な彼女もできました。出口の見えない恋愛の呪縛から解放され、自由になれたのは良かったです。そして、度胸もついて会社での振る舞い方が向上したのは良かったw
最終的な目標は「かわいいセフレを5人作れる」「年間50即できる」実力をつけることです。

全記事表示リンク

検索フォーム

カテゴリ別記事一覧

つぶやき