最近即れないので、自分のブログを読み返した。おっさん師匠からもらった言葉も読み返した。
即っていた時期は、路上で普通に下ネタを放り込んでいたんだー、と思い出した。

おっさんの言う通り、これからはキープを考えずに、即を目指そう。
常に失う覚悟を持つことを忘れていた。丁寧に行こうとするあまり、結果として逆にチャンスを失っていた。
お世辞にもスト高と言えないが、性格の良い愛らしい彼女がいる。自分には、それだけで十分だと思った。
そもそも自分はスト低。最初の段階から食いつく女なんて誰もいない。だから、後日に会おうとしても会えない。
あまけに、自分のホームグラウンドは全国屈指のナンパ激戦区。
女もそういう目でこちらを判断しているので、誠実系ナンパよりも即系ナンパの方が向いている。
だったら、ナンパ師らしくワンチャン狙いをしようじゃないか。
Hまですれば、女も気が変わるかもしれないし。

今日は、キープちゃんにドタキャンくらって、ソロスト。不思議とうれしかった。
別にキープいなくてもいいじゃないか。
それで、読書(座学)やスト(実践)の時間をとれて、自分のレベルを上げていき
将来的にスト高をゲットできるのであれば。

今日心掛けたことは、「女から舐めらないこと」。
スト高にガンシカされるのはなぜか?―それは舐められているから。
オレは、悲しいかな、身長が低いうえに、ガリガリ君。
どうしても舐められやすい。実際に、昔、上司にいじめられて、非常に苦労したことがある。
仕事を人よりたくさんしているのに、なぜ自分ばかりが怒られるのか、当時は分からず、悔しい思いをした。
ここ最近の自分はオープンするが、女に逃げられることが多かった。

「しょぼい自分を大物に見せる技術」(内藤よしひと)という本を読んだ。とても勉強になった。
それで、今日はできるだけ笑わないことを心掛けた。
普通は、マニュアル本には笑顔で声かけしようとある。(ミリオンダラースマイルという言葉もある)
でも、自分のキャラでは、当てはまらないのでは、と思った。笑うと、媚びているような気がした。
女には基本的に上から目線でいかないといけない。舐められているようじゃ話にならない。
だから、声かけ時、笑顔を作らず、逆に、相手の眉間をじっと目で睨んでやった。
すると、相手の反応が改善し、こころなしか主導権を握れるような気がした。
(疲れて体調悪い時ほど、結果が出ていたのはこの為かもしれない)
下ネタ入れても、引かれることはなく、反応は悪くない。
以前のように、ボディタッチ(主に、頭ポンポン、腕の密着)も積極的に入れた。
(ほとんど嫌がられないのは、オレの雑魚キャラの利点かも)
女は基本Mだから、やっぱりマインド(上から目線)が大事だと改めて思った。

さて、今日は2バンゲ、1連れ出し。
1時間ほどで連れ出せると助かる。
連れ出したのは、バイセクシャルのロリ系ファッション。先日もバイセクシャルを連れ出したばかり。
連れ出す女の系統ってほんとうに同じようなのが多いなと最近分かってきた。
(自分の場合は、芋っぽい女の子が多い。逆にキャバ嬢系はほぼすべてガンシカ。)
直カラオケ狙うが、拒否され、ファミレスへ。

いつのように相手の話を引き出して和みを心掛ける。
相手を出来るだけ理解してやろう、という姿勢で。これはとても大事だと最近実感している。
職場でも「どうしてこの人は怒っているのだろうか?」と考えることで、
相手の考えを理解できて、自分が腹を立てる機会も減ったと思う。
1時間ほど話してから、2件目30分限定カラオケへ。

相手が歌っているときにギラ開始。
キスは拒絶。パワーギラ効果もあり、軽い生パイ揉みまではできたが、テマンはグダ。
終了、解散。

ところで、和みを十分行った相手に対しては、ある程度のパワーギラを行うこととする。
(但し、万一相手が本気で怒ったり泣いたら、すぐに止めて真剣に謝る。)
それで、女を失っても構わない。逆に、なよなよした男だったという印象で終わるのが一番良くないと思うから。
それに、女をドキドキさせることで、逆に、後日に繋がるかもしれない。(わからんけど)
テマンが最終目標。テマンまで出来れば、即もできるはず。




<後日アポ>

先日連れ出し負けしたバイセクシャルと自宅アポすることに。
好きな食べ物聞いてから、「じゃあ、○〇を出前しておくわ」と、自宅アポを当然のこととして誘ったところ、自宅アポ成立。

自宅イン後は、ノーグダで即。
体臭が強烈だった。ずっと一緒にいると頭が痛くなってきそうなレベルだった。
(なぜなんだろう?アトピー体質だからかな?アトピーの子って意外と多いんだなーと経験上思う。
男の子も女の子も可哀そうだと思う。まあ、チビなオレも少し可哀そうだけどなー)
自分で認めるほどのエロイ子で、異常に感じまくるので、それを見て興奮して無事射精することはできた。
ピロートークがやはり楽しかった。
一人で音声聞いて催眠にかかって遊んでいるらしい。
催眠ってやっぱりあるんだなあ、と勉強になった。
催眠の技術が使えれば、大量即も可能になるんだろうなと思った。

その後、出前が来て、2人で食事。
食事後、色々と一人でやりたいことがあるので、正直早く帰ってほしいなあと思っていた。
そうは言うもののわざわざ遠くから来てくれているので、ずっと話をしていたが、
ネタも切れてきたところで思わず、帰ることを促す言葉を発してしまった。
「そんなこと言うなんて、ひどい…」 
配慮を欠く言動で、相手を傷つけてしまった。猛反省。

その後もなかなか帰らず、ベッドでやんわりと誘ってくるので、仕方なく追加で1発。
で、解散。

別れ際「また来てもいい?」⇒「・・、うん。」
回答に一瞬の間があったことで、こちらの意思に相手も気づいたようだった。
バレンタインに近いから、わざわざチョコレートを買ってきてくれた心優しい子。
好意を持ってくれたにも関わらず裏切る形になり、申し訳ない気持ちでいっぱいになった。
関連記事