仕事が激務でイライラしていたが、今日は花金、出撃。
経験上、こういう時こそ、アドレナリンが出てる為か、結果が出ているような気がする。

数声かけ目で速攻、22歳新卒OLをバーへ連れ打し。清楚系で、彼女にしたいタイプ。
周りの外人の声がかなりやかましく、話しにくい。やっぱりバーは厳しいなー
そんなによくしゃべる子ではなく、トークがいま一つ泣
「あと10分で私帰りますね」発言出て、終了。
一応バンゲするも、いつものようにたぶんつながらないパターン。

なんでトークがダメなのか、とぼとぼ歩いていると、仲間たちと合流。
その後、イワシさんと歌舞伎町へ向かう。
地蔵トークしながらまったりやる。
地蔵トークで他のナンパ師と情報交換することはとても勉強になる。(⇒3人寄れば文殊の知恵!)
イワシさんは高身長イケメンだが、それだけで結果が出ているわけではないと思った。
ちゃんと努力して、ナンパのセオリーを理解しているし、テクニックもよく知っている。(→講習もされてます!)
確かにイケメンだと最初のハードルは低いが、どこかでミスをすると即れないだろう。
(即れる女のレベルはオレとは全く違うけどw)

終電後、イワシさんが女と電話中に、20歳素朴系の女(詳細不明)を連れ出し。
コンビニで酒買った後、レンタを打診するが、難色を示す。
カラオケ打診はすんなりOK。なぜか割引会員証も呈示してくれたw

部屋に入ると、「何で声かけたの?」→「ナンパだよ」→「正直だねー」。
で、さっそくギラツキ開始。キス→パイもみ→テマンと、流れ作業。
「コンドーム無いとやらないよ」発言出た(!?)。
自分からスカート・パンツも脱ぎだし、開脚w。→慣れすぎ。これは確信犯だったんだなーw

で、人生初のカラオケセク。後ろの窓から見られているかもしれないと思ったが、あまり気にしないようにした。
怒られたらストップして、退店するのみじゃーと思って、腰を振り続ける。
すごく感じているみたいだった。やりたい年頃の女の子だったんだなー
10分ほどで終了。
「私、このあと用事あるから」と言われて、休憩や答え合わせの間もなく、一人退出していった。
もちろん番号交換も「また会ったらね」で拒否される( ノД`)シクシク…
なんか昔はまっていた風俗と同じ後味の悪さだなー

今回も和み無しの単なるラッキーパンチ弾丸即だが、久しぶりに即できたのは気持ちの余裕的に良かった。
カラオケ即という新たなパターンを経験したのも良かった。(あとは、マンキツ即かな?w)
やはり終電後の歌舞伎町は熱いのかもしれない!
関連記事