最近即りまくっているおっさんと合流。今日はほんの少し酔われているだろうか。
早速女に声掛けして反応悪いと、去り際に「即!即!即!即!」と連呼していたwww
女がキョトンとした顔をしているのが、面白かったーw

最近の悩みを打ち明けると、「クリちゃんは、女に遠慮しすぎている」との評。
本音トークがまだ出来ていないらしい。
自宅(ホテル)への誘い方も極めてまずい。
「まだ時間が早いから、店開いてないよな。お酒を買って、二人でまったり飲もうよ」が正解とのこと。

その他、おっさんのトークには、イエスの梯子、誤前提暗示、ローボールテクニック等、
心理学のテクニックがふんだんに盛り込まれているのに気づき、驚いた。
本ではあまり勉強されていないようなので、全て経験で培ったノウハウらしい。天才か!w
比較すると、いかに自分はトーク力が無いかを痛感した。

新宿に戻り、声掛けマシーンになるも、ガンシカの嵐。
暑くて汗かいているのも、反応が悪い大きな原因だろう。集中力も切れてトークもダメ。
極めつけに、女からのキレ口調に、グウの音も出ず、オレの気力ついにゼロへ。
「もしイケメンやイカツイ体格の奴だったら、こんな舐めた態度取らないだろう!」と、多少被害妄想気味になった。
コンプレックスの塊なんだな、オレは、と自覚した。

街にはこんなに沢山かわいい女の子がいて、
年間100即以上する男が一方、努力しても1即すらロクに出来ないオレ。
この現実を直視することは、実に不愉快だ。

昔は、地蔵せずに、勇気を出して声掛けできただけで、うれしかった。
女の子が反応してくれて会話してくれるのだけでうれしくて、ずっと平行トークしてた。
(今は立ち止めできなければ、即あきらめる。)
そんなことにはもはや慣れてしまって、
今は「即できないと全て失敗」という気持ちになってしまったのはとても残念だ。
関連記事