FC2ブログ

記事一覧

嘘つき

本日は18時からインドネシア人とのアポであった。
その前に、テンション上げておくかー!と思って、新宿で1時間スト。
結果無し。冬のほうが反応良かったなーとふと思う。(ナンパ師増えたからか?)
アポ会場へ向かう途中、待ち合わせ10分前にLINE受信。
「先、職場で嫌なことが起きて、気分が悪くなってしまいました。一緒に食べに行く約束はまた今度にさせていただきます。」
セオリー通り、電話で即対応。そしたら出てきて、しくしく声。演技じゃないのかーと思ったが、真相は分からないので
一応慰めて電話を切る。真相は、再度アポ打診してみることではっきりするだろう。

仕方ないのでスト再開。代々木でやってみる。
学生が多いかと思ったが、繁華街機能が乏しくターゲット不足。
たまたま通りかかった20代後半の愛想のよい女性からバンゲ。
その後新宿へ。

とにかく声かける。もはや地蔵など全くしないし、人の目など気にならない。
オレはどチビのスト低。声掛け数で圧倒するしか、もはや選択は無い。
「デートドタキャンされたから、一緒にご飯食べよう」(寂しい一人飯ルーティーン)で声掛け。
「私も食べるところ探していたんです」。なんとか一人の女性を居酒屋連れ出し。

どうやら20代後半らしいが、肌がとてもキレイ。
あまり話してくれないので、とりあえずトークは結構一方的に話してしまう。
本音で話すことを心掛けていたおかげか、よく笑ってくれて反応は良い。
自慢にならないように、価値伝達の為に、自分の仕事のことなども正直に放り込んだ。
コールドリーディングもうまく決まる。
ただし、恋愛トークも入れたが、下ネタトークが少し踏み込みが甘いかと思った。
それから、あとから分かったことだが、こちらの好意の伝達も少なかったか。
昔の自分に比べると随分レベルアップしたなあと実感はしたが、相手の話の引き出し等、まだまだ課題が残った。
(あと、途中でトイレ行って戻って来た時に横並びに座る、という技を使わなかったのもミス)

会計は6000円で、女の子を十分楽しませた自信もあり、2000円徴収。(^^)/
店を出て、階段で手つなぎ。階段を下りても嫌がらない。(グッと握って握り返してくるかテストをするのは忘れたw)
その後、「2軒目行こう」⇒「今日は帰る」グダ⇒「プライベートバーだよ」⇒「どこなの?」⇒「○○」⇒「それ自宅あるとこでしょ」⇒「タクシーで1メーターで、すぐに行けるから」
というやりとりで、なんとかタクシーイン。
家の前まで到着したところで、「バーじゃないじゃん」と言って、少し不満げな様子。
あれ?知っててついてきたんじゃないのか。。。。。。焦
「家にお酒あるから」と言って説得試みると、踵を返して一人でスタスタ歩きだす。
形式グダかと思ったが、ガチグダだったーww
おかしいなー、エルビンと同じ手口(タクシーテク)を使ったはずだが、自宅インできないのはなぜだ!

このまま別れると試合終了なので、和める時間を確保するため「新宿まで一緒に歩いて帰ろう」と言った。
「やったー。知らない道、歩くの好きだから。」少し機嫌戻してくれたみたいでほっとした。
心の中では色々思うところがあっただろうけど、
怒ったそぶりも落ち込んだそぶりもみせないその冷静な姿に、オレはとても惹かれた。
歩いている途中、「バーに行こうって行ったくせに、自宅だって分かった瞬間に
嘘つくなんてありえないと思った、少しはいいなと思っていたのに。」と言われた。
相手に言い訳を与えてあげるためにそうしたのだが、結果的に傷つけることになってしまったことを素直に謝った。

新宿駅についた時には、手もつなげたし、少しは仲直りできたと思うが、
次回のアポにつながるかどうかは分からない。また会いたい!

反省点としては、自宅拒否された時点で、近所のバーに切り替えるべきだった。
バーで再度和めば、その後に自宅インできた可能性もあったのかと。
確か「大戦争のチバさん」の手口もそんな感じだったはず。
関連記事

★このエントリーをはてなブックマークに追加↓
このエントリーをはてなブックマークに追加

★他の有名ナンパブログはこちら↓
にほんブログ村 恋愛ブログ ナンパ・逆ナン(ノンアダルト)へ

★くりぼうずの恋愛ノウハウ↓
note

★くりぼうず一押し教材↓
note

プロフィール

kuribozu

Author:kuribozu
30代くりぼうずと申します。非リア充・陰キャで、10代と20代ずーとモテない人生を送ってきました。

ちなみに、くりぼうずは中学生時代のあだ名です。
私の頭の形が栗型だったからか、ただ単に同級生達がクリトリス好きだったからなのか由来は知りませんが、当時は卑猥なこのあだ名で呼ばれるのが嫌でした。。。
今活用できてラッキーだがw

中学・高校と男子校で、勉強漬けの毎日で、出会いゼロ。
中学で成長が止まり、周りとの身長差が広がる日々。身長コンプレックスによるうつ病になった。今思うと、「これから苦労の人生を送ることになる」と無意識ながら本能的に感じていたのかもしれない。

勉強一筋の生活だったのにも関わらず、大学受験に失敗。浪人することに。同じクラスにとてもかわいい女がいた。今まで一度も話したこともないのに、帰り道に尾行して、勇気を出して「ちょっと話しませんか?」といきなり声かけ。不自然すぎで、あっさり撃沈。ストーカーかよw でも、これが人生初ナンパだったのだなと思う。

ようやく入った大学も理系だったので、環境はほぼ男子校状態。入ったサークルも全員男子。おまけに当時は、低身長・低能力・彼女無など、劣等感にまみれており、人と関わることを避けていた。要するに、自分と他人を比較できないように、現実から目を背け、逃げていたのだ。こうして、友達も少ないコミュ障男が出来上がった。

社会人になって同期の女の子で好きな子ができて、向こうも最初好意があったと思うが、自分の恋愛能力ゼロゆえに、告白することすらできず、あっけなく自滅。。。。
その後も、同期の美人が先輩と結婚したりと、苦汁を舐める人生でした。
何年もずっと街中でカップルを見かけるたびに心底悔しかった。
(今でも美女カップルを見ると悔しいです。この悔しさから解放された時、自分はナンパを引退できるのでしょう。)

25歳まで童貞でしたが、性欲だけは群抜いていたので、韓国旅行中に風俗で40歳くらいのババアと初体験した後、長年海外風俗に入り浸っていました。何年もモテないことからずっと目を背けてきた訳です。そんなオレの状況を見るにみかねた会社の先輩が、オレのために合コンを企画してくれましたが、緊張して女の子とろくに話せず、非モテをさらして恥ずかしい思いもしました。会費を免除されたくらいです笑

「このままオレは一生結婚できずに死んでいくのか?それは嫌だ。それなら、結婚相談所に行って可愛くない女と結婚するしかないのか?」そんなことを考え出した30歳の時(海外勤務中)に、ネットナンパを始めてみました。待っているだけではオレは一生彼女できないとようやく悟ったわけです。そこでなんとか人生初の彼女(現地人)を作りました。その後、他にも10人(全て外国人)ほどゲットし、うち2人とは良い関係を築けました。

日本に帰ってきてからもネトナンやって彼女を作ろうとする。だが、低身長やルックスの悪さも関係したのか、さっぱりモテず(10連続アポ負け等)、ついにネトナン放棄。どうせなら自分の好みのタイプと出会いたいと思い、ストリートナンパを始めました(2015年~)。

継続しているうちに、そこそこゲットもでき、今付き合っている大切な彼女もできました。出口の見えない恋愛の呪縛から解放され、自由になれたのは良かったです。そして、度胸もついて会社での振る舞い方が向上したのは良かったw
最終的な目標は「かわいいセフレを5人作れる」「年間50即できる」実力をつけることです。

全記事表示リンク

検索フォーム

カテゴリ別記事一覧

つぶやき