ストリートナンパを始めた当初の地蔵時代、ネットナンパも並行してやっていた。
なかなか上手くいかず、なかなかアポが決まらなかった。たまに会えても、ほとんど負け続きだった。
ようやくアポにこぎつけて待ち合わせ場所に行ったのに、ドタキャンで会えなかったりしたことも何度か会った。
心底悔しかったが、当時はストリートナンパに切り替えることもできなかった。
トボトボと、また1時間かけて家にトンボ帰りするのは本当に惨めだった。


そんな中、2人だけ親密な関係になることができたので、思い出してみた。


①東北子
海外から帰国してすぐの頃。それは寒い時期だった。
マッチ後、連絡やりとりして土曜日に会うことになった。
東北大震災で被害に遭って、上京してきた子だった。その日は、健全解散した。
その晩、電話してみた。相性が良いのか、2時間近く会話した記憶がある。
そして、なんと、翌日にも再会することになった。
カフェで待ち合わせして、その後、寒いのに公園へ行った。
そこで、すぐ近くにあるホテルに行こう、と誘った。
断られたが、何度も何度も説得した。
当時テクニックなんか無かったから、とにかく熱意だけで押しまくった。
優しい子だったのだろう。いいよ、と行ってくれた。
ホテルで二人は身体を合わせるのだが、なぜか我が息子が元気にならない。
寒い中、必死で2時間近く口説いていたから、疲れ果てていたのだと思う。
結局、フィニッシュすることはできなかった。
帰り道、「また会おうね」と言ったが、「んー、どうしようかな?」と返ってきて、驚いたと同時に不安になった。
数日後、LINEを送ったが、返ってくることは無かった。

考察として、
●俺と付き合うつもりがあったのだと思う。だから、Hするまでに、もう少し時間をかけたかった。
 だが、俺が迫るので、仕方なく応じた。そして別れる最後まで、付き合おうと俺が言わなかったこと。
●息子がたたなくてフィニッシュできなかったので、雰囲気が気まずくなった。
 女の子の心情としては、「この人は、私のことをそんなに好きじゃないんだな」と思ったに違いない。
●そして痛恨なのが、ピロートーク中に名前を呼び間違えたこと。
 2文字の名前なのだが、下の1文字を間違えた。自分で最低だと思う。


②ポッチャリ子
メッセージから電話へ移行。声が魅力的で、会話の切り返しも知的な女の子。
1週間で4回くらい電話して、下ネタも挟みつつ盛り上がった。
当時、壁の薄い寮の部屋だったから、うるさかったに違いない。(大西くん、ごめん!w)
地方の温泉に泊まりで行こうかという話も出たが、流石に会ったことがないので、
普通に東京でデートすることになった。そのデートコースにホテルを盛り込むことを略合意ww

待ち合わせ場所で、現れたのは、ぽっちゃり系(を通り越した女の子)。
一気にがっかりした。目は大きくて綺麗なのだが。。。
俺は失望の表情を隠しきれていなかったのだろう、その子はやたらと俺に気を遣っていた。
ランチを食べた後、ほんとにホテル行くの?と聞いてきたので、うん当然と答えた。
身体は大きかったが、胸も大きかったのは、嬉しい誤算だった。。。(^ ^)

その後、時間をしばらく空けて、2回会った。
会話は楽しかったが、他人に対して少し毒舌気味なのが、気になってしまった。
自分なついてくれるとても良い子で、本当に申し訳ないんだが付き合うことはできないと思った。
その後連絡を控えて、自然消滅的に、完全に関係は終わったのだった。

考察として、
経験上、ブサイクな子ほど会話が上手である割合が高いと思う。
美人は放っておいても相手が話すが、ブサイクはルックスの劣等性をトークで補おうと努力するのであろうか。


2人は今頃どうしているのだろうなあ?
 
関連記事