海外赴任中、初彼女を作った後、俺は相変わらず出会い系アプリを続けていた。

そして、何人かの女性と一夜を共にするが、そのうち2人と継続的関係を結ぶことになった。


①フィリピン人(27歳)

彼女は出稼ぎで家政婦をしている子。
フィリピン人らしく明るくて、俺が何か言えば、いつも笑ってくれる女であった。
そして、呼べばいつも家に来るし、俺が求めれば何度でも受け入れてくれる、という都合の良い子であった。
俺のことが本当に好きだったのだろうと思う。
そんな彼女のことを愛らしくは感じていたが、他の女ともやりたいという気持ちが強く、何度も会う約束を断った。

そんな関係を1年近く続けたある日、俺は帰国の辞令を受けとった。
最後に会った日、お土産で買った「バラの形をした置物」をプレゼントした。喜んだ様子で、涙ぐんでいた。
俺は複雑な気持ちだった。「日本に一緒に来ないか?」と、俺に言って欲しかっただろうなと。
でも、そのことについては、もちろん彼女は何も口にしなかった。

今思う。俺は最低なプレゼントを渡してしまったなあと。
彼女はすぐに俺を忘れるべきなのに、その置物を見るたびに俺を思い出してしまうではないか?
配慮に欠けたことをしてしまったなあと思う。



②インドネシア人(23歳)

この子も、出稼ぎの家政婦。おとなしくて、可愛らしい子だった。
家に来て料理を作ってくれたが、その日はHできなかった。処女らしかった。
後日、動物園デートに誘って、1日一緒に過ごした。
その次に会った時に、ようやく結ばれた。痛そうにしていたが、我慢してくれている様子だった。

帰国する前日、彼女と会った。
その時、動物園デートの時に撮った俺の写真(ツーショットではない)をプリントしたマグカップをプレゼントしてくれた。一緒に入っていたメッセージカードには、女の子らしい可愛い文字で、こう書かれていた。

Dear.... xxxxx
I hope you like this mug.

You are my best friend as well as my lover.
And I don't know which side of you :(

It's been wonderful seeing you in this country.
Wishing you the best of luck! Take a good care of yourself!!

With Love....
xxxxx :)

駅での別れ際、俺の腕に胸を当ててしがみ付いていた姿が未だに印象に残っている。



(非モテ向けおまけ講座)

もし彼女がいるのであれば、誕生日やクリスマスなど、何かの記念日にはプレゼントをあげなければならない。
プレゼントは、以前に二人の会話で出てきた話題に関するものがベスト。
「〇〇欲しいんだよね」「最近〇〇を気にしているんだ」

センスの良い適切なプレゼントを渡せば、
女の子は「覚えてくれてたんだ。この人は本当に私のことをよく理解してくれている。
私のために真剣に考えてきてくれて、本当に嬉しい。」と思い、食いつきが爆発的に上がることだろう。

何も適切なものが思い浮かばない時は、花束がオススメ。なぜか女子ウケが良い。(費用対効果も抜群であるw)
普段行かないようなお洒落なレストラン(高級ホテル内や、高層ビル最上階)を予約するのもオススメ。
(ランチであればそんなに高価にならないw)

尚、まだゲットすらしていない女性に、プレゼントするのは止めよう。
ましてや、花束とかキモいだけだから絶対にダメ(⇨昔の俺のことなw)。
関連記事