これまでの自分のナンパ史を振り返ってみた、オナニー的な記事ですw



<2015年>

●帰国後、ストナンを始めるが、主に地蔵期間。ネットナンパも並行してやる。ナンパブログや市販のナンパ・恋愛書籍を読んでインプットに努める。お気に入りブログはRSSリーダーに登録していくと便利。


●夏頃に統主さんの講習を受ける。ハンドルネームが無いって珍しいねと言われ、「くりぼうず」というハンドルネームを作り、ブログ、ツイッターを始める。夏休みに旅先でナンパした女性(彼氏持ち)と、年末に別れるまで逢瀬を重ねる。


<2016年>

●年初、都内の繁華街に引っ越し。地蔵時代は終了し、本格的に声掛けを始める。最終の連れ出し先となるので、1年以上かけて自宅の作りこみを研究。100均に足繁く通い、試行錯誤の上、収納テクニックを磨く。(家事は、結婚してからも使える技術。)


●コナンさんの講習を受ける。他のナンパ師と合流することを勧められたことから、積極的に新規合流を繰り返す。初心者が多いが、色んな人と出会えるのが新鮮で、長々と地蔵トークしてノウハウの情報交換。中でも、有名ナンパブロガーの「おっさん」には仲良くしてもらい、弾丸即のやり方について教えてもらった。尚、おっさんは、見た目は確かにおっさんだがw、誰も真似できない独特のカリスマ性がある。他の男と差別化されているので、あれだけゲットできるのだろうと思う。Sマインドが大事と気づかされる。


●4月にストリートナンパで初めて彼女を作る(約半年付き合う)。7月は初即を決めると、連続して4ゲットし絶好調に(遅いビギナーズラック?)。ゲットは立て続けに起こりやすいのは、自信やマインドが強くなるからぽい。10月にも2度目のフィーバーが来て、その時に新しい彼女ができる。楽しいデートを繰り返すことで、クソ遅い青春を満喫する。



<2017年>

●情報商材を入手したりして、ひたすらインプットする。その傍ら、月1ペースで細々とゲットする。


●6月には、相棒Rと新規合流する。馬が合ったので、頻繁に会ってコンビナンパをした。Rは元々モテセンスがあったので、正しい立ち居振る舞いやトークなど、学ぶ点も多かった。また、その時に分からなくても、後で分かってくることも多かった。なお、レベル差があるのにコンビを組んでもらっている場合、感謝の気持ち、何か少しでもお返しをしようとする気持ちが大切かと思う。


●Rと比較すると、女の反応が大きく違うことを何度も目の当たりにし、現実を知って落ち込む。やはりルックスの差か。チビは仕方ないにしても、ファッションや美容を見直そうと決意。まずは、髭脱毛やホワイトニングとかしてみた。そして、抵抗はあったが、もはや仕方ない、ウィッグを着用することにする。そして、ファッション雑誌を何冊も読んで研究、とりあえず服をいろいろ買って試してみる(基本ファストファッション)。
(トークに比べると、ルックスは一瞬で改善できるとよく言われるが、そんなに簡単ではなかった。なぜならファッションにもセンスが必要だから。確かに、誰かに選んでもらうと一発だが、季節によって着る服も変わるし、古くなったら買い替えなければならない。鏡の前で一人ファッションショーをしたり、実際に路上に出て女の反応を確かめたりしながら、センスを養うことも必要と思う。)



<2018年>

●マンネリ化および伸び悩みで、モチベが低下。彼女との関係も長くなり、一緒にいるだけで幸福を感じるようになったことも原因か。試しにネトナンを再開してみたり、Rとのんびり合流することも多く、がっつりナンパをすることも無くなる。ネトナンは、プロに写真を撮ってもらったりして工夫したが、スペック低すぎる俺は、思うようにマッチ数が伸びず断念。


●6月に流星道場の門を叩く。ナンパ歴3年にもなるのに結果が変わらず、とても悩んでいた。そこで、意外なことに、トークが課題であることを指摘される。確かに、一つ一つの言葉を意識した研究をしたことが無かったなあと反省。「一つ一つの言葉に意図を持たせることが大事」とよく言われているが、ようやく理解できるようになった。



*ナンパ講習について
以上のように振り返ってみると、定期的にナンパ講習を受けた方が良いと思う。
自分の場合は、初期の頃にもっと受けておけばよかったと後悔している。何が重要であるか、もっと早く気づけたと思う。
また、受講生コミュニティーがあったり、元受講生と言う共通点があるので新規合流がしやすい、という思わぬメリットもある。
ノウハウを求めて下手に素人と新規合流を繰り返すよりも、しっかりお金出してプロの講習を受講した方が、圧倒的に時間を節約できて結果的にはお得である、というのが自分の結論だ。


関連記事