FC2ブログ

記事一覧

ボイストレーニング体験レッスン

「声かけする日によって、女の反応が大きく変わるのはなぜか?」
といつも不思議に思っていた。
また、
「オレの連れ出し打診が一向に通らないのは、ルックス以外の要素もあるのではないか?」
とRとの議論でも、何度か話が出ていた。
それは、おそらく「声」ではないかと薄々感じていた。
日常生活で相手から聞き返されることも多かったし、うまく発声できないことも多かったから。
(普段、黙ってする仕事だから、仕方ない面はあるのだが。。。営業がうらやましい。)

まず、実際に何度か録音して自分の声を聞いてみることにした。
すると。。。声が小さい、元気なく暗い、こもった鼻声、滑舌悪い、と感じた。まあ簡単に言うと、オタク声だ。
ボイストレーニングが良いと聞いたことがあったので、一度行ってみようと思った。
以下の3か所に、体験レッスンを申し込んだ。


<青山ヴォイスアカデミー>

たまたま校長の白石謙二さんの本(DVD付)をオレは持っていた。w
当日行っている(渋谷)と、個室ブースがいくつか配置されていて、そこで各レッスンが行われているようだ。
大学時代にバイトしていた個別指導のブースを思い出す。
時間になると、ブースから先生と生徒がぞろぞろと出てきた。
ベンチでボケーっと座っているオレの前を通り過ぎる時に、先生達が続々と「こんにちわー!」と威勢よくハキハキ声かけてくる。
爽やかすぎるし、なぜか圧倒された。(通常オレは会釈だけだが、)「あっ、こんちわ(小声w)」と思わず返事をしてしまった。
あいさつの仕方によって、こんなにも相手に与える印象が変わる(=自信の表れ)のだと勉強になった。
「相手を説得できる声」も、このあたりにヒントがありそう。

その中の一人の先生が、体験レッスンの担当をしてくれることになった。
足を肩幅くらいに開いて、鏡の前に立って、以下内容のレッスンをした。(30分弱)
①呼吸
・腹式呼吸で、思いっきり呼吸する練習。肩・胸が動かないように注意。
・「おーい!」と、最大限大きな声を出す練習
・架空のロウソクを一気に吹き消す練習
②滑舌
・「ウ」「ア」交互に繰り返す発声練習。「ウ」は口を前に突き出すこと、「ア」は上下の歯をしっかり見せることを意識。
・「カキクケコ」を早口で繰り返し発声する練習。

先生からのフィードバックとしては、
・息を吐くことと声を出すことは同じ原理。腹式呼吸をしっかりできるように訓練すべし。緊張しない、頭の回転良くなるなど、他のメリットも多い。
・週1回半年間継続して練習すると、確実に変化が実感できるはず。
・オレの声については、酷いレベルではないが、他の人と比較すると劣っていることは否めない。
・滑舌が悪いのは、口周りの筋肉が堅いから。特に、上唇の筋肉が堅くて動かないと、(声が上唇に邪魔されて下に落ちて)こもった声になりがち。
・説得力を高めるには、胸に響かせて発声する「低音」が大事。但し、注意点として、暗いこもった声にならぬように、腹筋を使ってしっかり発音することが重要。


<VOAT>

以下内容を教えてもらった。
・腹式呼吸の際、胸を張り(肩は力まずぶらりとさせる)、お腹に力を入れる。
・他の人と同様に、声が低く、暗い印象。高い声を意識的に発声する。斜め上方に向かって声を投げる。(直線ではなく放物線のイメージ)
・声がかすれており、大きな声を出すと喉を痛めるはず。あくびの時のように喉を大きく開けて発声する。
・しっかり口角を上げること(微笑みの表情)。そうすれば自ずと明るい声になる。
・一気に話すのではなく、適度に間合いを取ること。そのときに呼吸を整え、緊張を取ることができるという点でもとても重要なこと。
・語尾は、濁さずに、はっきりと言い切ること。
・最も伝えたい重要なところでは、身振り手振りも入れること。
・座って話す際には、「骨盤を立て胸を張る」姿勢を意識して話す。(お尻とイスの接着面の前部に体重がかかるイメージ)
・鼻声を防ぐには、口を大きく開けて、前に出すイメージを持つ。

レッスン前とレッスン後にそれぞれ録音した音声を後で聞かせてもらったのだが、別人のようだった。これには驚いた。
学んだことを自然にできるようになるためには、日常で何度も意識して取り組むことが大事とのこと。

(余談)レッスン後は、スタッフの方からコース説明。「他の学校も回られて、もしうちで良ければご連絡下さい」と、青山の時と違ってゴリ押しされかったことに好感を持てた。ナンパの際の連れ出し打診もこういうスタンスが正解なのだろうとか、とふと気付かされた。


<シアーミュージック>
鍵盤を使って音程を変えながら、練習するのが特徴的だった。
・息が浅い(腹式呼吸必要)。顔の筋肉が堅い。顎も動いていない。舌の奥の筋肉も堅いから、滑舌も悪くなっている。
・口を左右方向に引っ張る癖がある(噛む力が強い人が多いらしい)。
・一方で、上下方向および前後方向に動きづらい印象。鼻周りの筋肉が堅そう。オレの笑顔がぎこちないのもこれが原因ぽい。
・毎日、少しでいいから、筋肉を動かすトレーニングをした方が良い。簡単なのは、顔面を中央にギュッとよせて、その後パッと大きく開く練習。


毎回、レッスンを録音すれば良かったなあ。そしたら自宅で復習、反復練習できるし。
それにしても、どの学校の先生も声が魅力的だったなあ。もしナンパ師になれば、ガンシカ率少なそうだなと思ったw
関連記事

★このエントリーをはてなブックマークに追加↓
このエントリーをはてなブックマークに追加

★他の有名ナンパブログはこちら↓
にほんブログ村 恋愛ブログ ナンパ・逆ナン(ノンアダルト)へ

★くりぼうずの恋愛ノウハウ↓
note

★くりぼうず一押し教材↓
note

プロフィール

kuribozu

Author:kuribozu
30代くりぼうずと申します。非リア充・陰キャで、10代と20代ずーとモテない人生を送ってきました。

ちなみに、くりぼうずは中学生時代のあだ名です。
私の頭の形が栗型だったからか、ただ単に同級生達がクリトリス好きだったからなのか由来は知りませんが、当時は卑猥なこのあだ名で呼ばれるのが嫌でした。。。
今活用できてラッキーだがw

中学・高校と男子校で、勉強漬けの毎日で、出会いゼロ。
中学で成長が止まり、周りとの身長差が広がる日々。身長コンプレックスによるうつ病になった。今思うと、「これから苦労の人生を送ることになる」と無意識ながら本能的に感じていたのかもしれない。

勉強一筋の生活だったのにも関わらず、大学受験に失敗。浪人することに。同じクラスにとてもかわいい女がいた。今まで一度も話したこともないのに、帰り道に尾行して、勇気を出して「ちょっと話しませんか?」といきなり声かけ。不自然すぎで、あっさり撃沈。ストーカーかよw でも、これが人生初ナンパだったのだなと思う。

ようやく入った大学も理系だったので、環境はほぼ男子校状態。入ったサークルも全員男子。おまけに当時は、低身長・低能力・彼女無など、劣等感にまみれており、人と関わることを避けていた。要するに、自分と他人を比較できないように、現実から目を背け、逃げていたのだ。こうして、友達も少ないコミュ障男が出来上がった。

社会人になって同期の女の子で好きな子ができて、向こうも最初好意があったと思うが、自分の恋愛能力ゼロゆえに、告白することすらできず、あっけなく自滅。。。。
その後も、同期の美人が先輩と結婚したりと、苦汁を舐める人生でした。
何年もずっと街中でカップルを見かけるたびに心底悔しかった。
(今でも美女カップルを見ると悔しいです。この悔しさから解放された時、自分はナンパを引退できるのでしょう。)

25歳まで童貞でしたが、性欲だけは群抜いていたので、韓国旅行中に風俗で40歳くらいのババアと初体験した後、長年海外風俗に入り浸っていました。何年もモテないことからずっと目を背けてきた訳です。そんなオレの状況を見るにみかねた会社の先輩が、オレのために合コンを企画してくれましたが、緊張して女の子とろくに話せず、非モテをさらして恥ずかしい思いもしました。会費を免除されたくらいです笑

「このままオレは一生結婚できずに死んでいくのか?それは嫌だ。それなら、結婚相談所に行って可愛くない女と結婚するしかないのか?」そんなことを考え出した30歳の時(海外勤務中)に、ネットナンパを始めてみました。待っているだけではオレは一生彼女できないとようやく悟ったわけです。そこでなんとか人生初の彼女(現地人)を作りました。その後、他にも10人(全て外国人)ほどゲットし、うち2人とは良い関係を築けました。

日本に帰ってきてからもネトナンやって彼女を作ろうとする。だが、低身長やルックスの悪さも関係したのか、さっぱりモテず(10連続アポ負け等)、ついにネトナン放棄。どうせなら自分の好みのタイプと出会いたいと思い、ストリートナンパを始めました(2015年~)。

継続しているうちに、そこそこゲットもでき、今付き合っている大切な彼女もできました。出口の見えない恋愛の呪縛から解放され、自由になれたのは良かったです。そして、度胸もついて会社での振る舞い方が向上したのは良かったw
最終的な目標は「かわいいセフレを5人作れる」「年間50即できる」実力をつけることです。

全記事表示リンク

検索フォーム

カテゴリ別記事一覧

つぶやき