いまナンパにおけるモチベは昔ほどは無い。なぜか?
ナンパを始めた当初は、とにかく素敵な彼女が欲しいという一心で出撃していた。
結果が出なくとも、一向に構わなかった。声かけすること自体にスリルを感じていたのもあるかもしれない。

だが、今は、彼女がいる。もう付き合い始めてから、長い。
ルックスは普通だが、性格や会話の相性が良いのか、一緒にいて居心地が良い。
最初付き合い始めた時はとりあえず付き合うかという感じだったが、だんだん内面が好きになった。
今はドキドキしたりしないので、恋ではなく、愛になっている(少し悲しいことだが)。
将来的にこの人と結婚しようと思っている。結婚相手は内面で選ぶべきというのは確信を持って言えるから。
特に、オレはもともと社会不適合者として片足突っ込んでいたような人間なので、
本当に相性が良いなと感じた人は、これまでの人生で10人もいないような気がするしw

さて、だったらナンパなんてやめればいいじゃんと思うだろう。
実際、ナンパ師は2~3年したら、ステキな彼女を作って引退する人が多い気がする。
でもオレはいまだに辞めていないし、まだまだやめれそうにない。なぜか?
あまりにコンプレックスが強すぎるのだ。
30年間、いつも一人でさびしく孤独に生きてきたという辛さが。
街中で幸せそうなカップルとすれ違う時、いつも情けなく思い、男としての自信なんて微塵もなかった。
だが、今ようやく人並みに恋愛できるようになった。まだまだ男としての高みを目指したいし、色んな新しい女の子とHもしたい。
だから、まだどうしてもやめれない。

今日、いつもよく行く食堂で、笑顔がとても素敵な女の子が働いていて、なぜか一目惚れした。
ふとこんな子とつきあいたいなと思ってしまった。とんでもないことだ。
だが、時々こういう瞬間があるのは事実だ。

ヘボ腕ながら、これまでちょくちょく即しているが、彼女よりステキな人には巡り合わなかった。
幸か不幸か、オレに魅力がなかったのだろう。
だが、今後、もし、彼女以外の人に心奪われてしまったら。。。
一体どうしたらよいのだろう?そう考えると、とても恐ろしい。
その気持ちがメンタルブレーキになり、潜在的にオレのモチベを奪っているような気がする。

ジレンマ。
関連記事