大学卒業旅行で、友人とベトナムに行った時のことだ。
泊っているホテル(HISでツアー予約した)で、マッサージというのがあり、安いので友人と一緒に行った。
若いセクシーなおねいさんが担当になった。
マッサージが始まるが、全然力がはいってなくてもはやマッサージとは言えない。
しばらくすると、しらじらしく股間をまさぐってくる。そして追加料金で手コキしないかと交渉してくる。
友人が隣の部屋でマッサージを受けており、とても気まずい。当時はお互い純真だったのだww
だが、オレは性欲に完全に負け、お金を支払った。女のおっぱいを舐めながら、手コキされ、すぐに果てた。
人生で始めて女体に触れたので、とにかく興奮しまくった記憶がある。
後で友人にはからかわれたが、それがきっかけで何でも話せる仲になった。

翌年、同じ友人と韓国に旅行へ行った。
今度は確信犯的に、宿泊ホテル隣にあるピンクネオンの妖しい店に入った。
40歳超えの妖怪みたいな女が出てきたが、とにかくヤリたい盛りだった。
腰の動かし方もよく分からなかったが、夢中に行為を行った。
「はじめてって、本当なの?」女は呆れていたのだろうか?それともオレを不憫に思ったのだろうか?
帰り際、オレ「この仕事好き?(興味津々)」⇒女「好きでやっている人なんていないよ。。。(呆)」
というやりとりを鮮明に覚えている。
ともかく、それがオレの初体験となった。

その後、海外旅行にはまり、ついでに各地の風俗も開拓していった。
(正直、観光と風俗どちらが「ついで」だったのか怪しいw。日本の風俗は高いこともあり、ほとんど行ったことがない。)
結局50人以上経験したと思う。いい思いもたくさんしたが、嫌な思いもたくさんした。
オレのことを恋人のように接してくれた子もいたが、もちろん大半はそうではない。
愛の無いセックスは虚しいだけだった。
そうして、貴重な20代の旺盛な性欲を解消していったのだった。30歳で彼女を作るまでは。


海外風俗情報はこちら↓
http://kuribozu.jp/blog-entry-184.html


関連記事