ゴールデンウィーク3日目。昨日に引き続き出撃。
自分で見てもウィッグ+ニット帽のコンビネーションが決まっており、女の反応は全体的に良好。

1時間位でかわいい大学生を粘って連れだし。
押しに弱そうな雰囲気。缶チューハイを買って、話しながら長距離歩いて公園へ向かう。
これまで付き合ったのは一人で、それも高校時代というウブ子。
公園にようやく着いて、少し話したがところで、すぐに帰る流れに。
和みを入れようとしたが、マジメになりすぎて盛り下がってしまったか。
長時間歩かせすぎたか。。

逆放流され、時刻は23時。
急にお腹痛くなるし、帰ろうかと思ったが、今日はもう少しだけやろう。
深夜のトイレスポットを探すのに苦労して30分も費やした後にw、声かけ再開。
久しぶりにナンパーズハイ状態で、声かけが楽しい。

すぐに不思議系28歳をあっさり連れ出し。
「始発まで付き合ってくれるなら、飲みに行ってもいいですよ」
拍子抜けするレベル。。。今日はなんとなく寂しい気分らしい。即系かよww
しばらく歩きながら話したところで、
なんとなく違和感があって怖いし放流してもいいや、という気持ちで、自宅打診。
「今お金あまり持ってきていないんだ。でも、奢ってって言うのは、さすがにありえないよね。
オレの家この近くで、たくさん美味しいお酒置いていて飲み放題できるから、オレの家でもいい?」
すんなり通った。

自宅についてからは、お酒を飲みながら和みトーク。ナンパにも何度もついていったことがあるらしい。
寝ようかという流れになり、ギラつく。
「今日はそんな気分じゃない」というグダが出る。テストしているのだろうか?
これは、「残念ながらオレに魅力を感じない」という、婉曲な断り文句だなと思った。
「それはオレに魅力を感じないということだね。悔しいけど分かったよ。」オレは負け犬のようにあっさり認めることにした。
すると、「でも、泊めてもらう恩もあるし、好きに触っていいよ」という助け舟が出たw
「じゃあオレが気持ちよくしてあげる」と、パイ舐めやテマンをする。で、女「挿れたい?」⇒男「うん」で、ゲットw
予想通りスケベな女であったw

朝方、ピロートーク。
(ウィッグを脱いで寝たので、起きた時にオレの頭を見てビックリしたことだろうww何も言われなかったが。。開示タイミングがいつも難しいww)
「なんでヤラないって言っていたのに、ヤラせてくれたの?」
「かわいそうだと思ったから」
母性本能をくすぐる作戦が成功したんだなと思った。
和みトークの時に、あるエピソードを聞いて「自分のことよりも、他人のことを気遣える優しい人なんだね」と褒めていた。
実際そういう性質がありそうなので、グダが出た時にあえて負け犬となり、甘えてみたのだった。
(甘えることには全く抵抗感が無かったのだが、オレはMなのか?ww)
ちなみに、「なんでオレについてきてくれたの?」という質問には、
「こんな奴がナンパ成功するのか?大丈夫かよ。でも、なんかかわいい。笑」と思って付いてきたとのことww
「男は自信と度胸」と言っていたから、度胸を買って付いてきてくれたのかもしれない。

もっと一緒にいたそうだったが、オレは疲れて一人で存分に寝たかったので、早い時間に解散。
駅で番号交換した時に、「結局、名前聞いてこなかったね」と言われて、ハッとした。
今回もキープできないなと思った。そもそもウィッグ詐欺がバレた時点でアウトだろうけどw
一晩いっしょに過ごすのは疲労感がハンパ無くて、辛いな。できれば終電逃しナンパから卒業したい。


<考察>
「寂しい気分だったからついてきた。」これは、オレが今まで当日即したケースの多くを占める。
他のナンパ師の場合はノリ良い女子(=ウェイウェイ系女子)がついてくるケースもありそうだが、自分の場合はほぼ皆無。
①出会いが無い処女系か、②孤独を感じてる寂しい系、のどちらかを引き寄せる傾向がある。
前者の場合は、オレが童貞臭がするから、で説明できるとしてww、
後者の場合は、オレが孤独を好む性格で、友人が少ないタイプだからであろうか?

ともかく、女は「楽しい」のを好み、「寂しい」のを嫌うのであろう。
だから、会話する際は、できるだけ楽しませて、別れると一人で寂しいから嫌だと思わせることが
即するにあたっては大事なことであろう。
関連記事