FC2ブログ

記事一覧

情報発信力

ナンパブログを書くメリットとデメリットを整理してみる。


<メリット>

①アウトプットすることで頭の中を整理でき、記憶を定着させることができる。

②凄腕と合流しやすい。ブログは、自分のプロフィールそのものだ。
例えば、自分がある程度の経験がある人だとして、何の情報もない見ず知らずの人から合流申請が来て、会おうと思うだろうか?よほど心の広い人であれば会うだろうが、普通の人は会わないと思う。
逆に、相手がブログを書いていたとする。いくつか記事を読んで、「一生懸命頑張っている」「変な性格ではなさそうだ」ということが分かれば、会いたいと思うだろう。
実際、相棒Rは、初心者の頃にオレのブログを読んでファンになったから、合流申請したと言っている。
他にも、何人から同様の理由で合流申請を頂戴した経験がある。
凄腕の彼らと出会ったことで、オレ自身も成長することができた。
オレのブログは写真1枚も無いわ、誤字脱字だらけの雑な作りだが笑、書き続けていてよかったなと思う。

③アフィリエイトをすると、お小遣い稼げるかもしれない。A8が業界最大手で、提携先も豊富。アマゾン・楽天の商品を紹介できる。








<デメリット>

①彼女とか身内にバレるリスクはある。これについては、自分の個人情報をあまり出さないようにすれば大丈夫かと思う。特に、ツイッター経由でバレるケースが多い模様。フォロワー多ければ、だけどw

②結構書くのに時間がかかって面倒臭い。
1本記事を書くのに1時間くらいはかかる。自分の場合は、できるだけリアルに書き残したいという気持ちがあり、女の子と解散した直後に速攻書く。眠かったり疲れ果てていてもとりあえず書く。時間が経つと詳細をほとんど忘れてしまうからだ。一説によると1日後に74%忘れるらしい。実際に、例えば後日アポする時には、前に聞いた女の子の情報をいつもほとんど忘れている笑。単に記憶力が悪いだけでは?という指摘はご勘弁下さい笑。
入力が面倒な人は、Google音声入力がオススメ。

③せっかく書いても消されることがある。なので、バックアップは定期的にとる。いくら役に立つブログであっても、どうしてもアダルト色が強くなってしまうので、運営に突然削除されてしまうことも考えられる。ついでに、RSSリーダー(inoreader やfeedly)に自分のブログを登録しておくと、都度記事が保存されるのでオススメ。



(Google解析ツール)

●Googleアナリティクス
ブログへのアクセス数を確認できる。

●Chrome拡張機能「Page Analytics」
ブログ上に直接、アクセス解析データが表示される。

●Search Console
どのようなキーワードで検索されて、流入しているか分かる。

●キーワードプランナー、goodkeyword
各タイトルに付けるべきキーワードの参考になる。


関連記事

★このエントリーをはてなブックマークに追加↓
このエントリーをはてなブックマークに追加

★他の有名ナンパブログはこちら↓
にほんブログ村 恋愛ブログ ナンパ・逆ナン(ノンアダルト)へ

★くりぼうず独自恋愛ノウハウ↓
note

★くりぼうず一押し教材TAV↓
note

★マッピングアプリお勧め↓

プロフィール

kuribozu

Author:kuribozu
30代くりぼうずと申します。非リア充・陰キャで、10代と20代ずーとモテない人生を送ってきました。

ちなみに、くりぼうずは中学生時代のあだ名です。
私の頭の形が栗型だったからか、ただ単に同級生達がクリトリス好きだったからなのか由来は知りませんが、当時は卑猥なこのあだ名で呼ばれるのが嫌でした。。。
今活用できてラッキーだがw

中学・高校と男子校で、勉強漬けの毎日で、出会いゼロ。
中学で成長が止まり、周りとの身長差が広がる日々。身長コンプレックスによるうつ病になった。今思うと、「これから苦労の人生を送ることになる」と無意識ながら本能的に感じていたのかもしれない。

勉強一筋の生活だったのにも関わらず、大学受験に失敗。浪人することに。同じクラスにとてもかわいい女がいた。今まで一度も話したこともないのに、帰り道に尾行して、勇気を出して「ちょっと話しませんか?」といきなり声かけ。不自然すぎで、あっさり撃沈。ストーカーかよw でも、これが人生初ナンパだったのだなと思う。

ようやく入った大学も理系だったので、環境はほぼ男子校状態。入ったサークルも全員男子。おまけに当時は、低身長・低能力・彼女無など、劣等感にまみれており、人と関わることを避けていた。要するに、自分と他人を比較できないように、現実から目を背け、逃げていたのだ。こうして、友達も少ないコミュ障男が出来上がった。

社会人になって同期の女の子で好きな子ができて、向こうも最初好意があったと思うが、自分の恋愛能力ゼロゆえに、告白することすらできず、あっけなく自滅。。。。
その後も、同期の美人が先輩と結婚したりと、苦汁を舐める人生でした。
何年もずっと街中でカップルを見かけるたびに心底悔しかった。
(今でも美女カップルを見ると悔しいです。この悔しさから解放された時、自分はナンパを引退できるのでしょう。)

25歳まで童貞でしたが、性欲だけは群抜いていたので、韓国旅行中に風俗で40歳くらいのババアと初体験した後、長年海外風俗に入り浸っていました。何年もモテないことからずっと目を背けてきた訳です。そんなオレの状況を見るにみかねた会社の先輩が、オレのために合コンを企画してくれましたが、緊張して女の子とろくに話せず、非モテをさらして恥ずかしい思いもしました。会費を免除されたくらいです笑

「このままオレは一生結婚できずに死んでいくのか?それは嫌だ。それなら、結婚相談所に行って可愛くない女と結婚するしかないのか?」そんなことを考え出した30歳の時(海外勤務中)に、ネットナンパを始めてみました。待っているだけではオレは一生彼女できないとようやく悟ったわけです。そこでなんとか人生初の彼女(現地人)を作りました。その後、他にも10人(全て外国人)ほどゲットし、うち2人とは良い関係を築けました。

日本に帰ってきてからもネトナンやって彼女を作ろうとする。だが、低身長やルックスの悪さも関係したのか、さっぱりモテず(10連続アポ負け等)、ついにネトナン放棄。どうせなら自分の好みのタイプと出会いたいと思い、ストリートナンパを始めました(2015年~)。

継続しているうちに、そこそこゲットもでき、今付き合っている大切な彼女もできました。出口の見えない恋愛の呪縛から解放され、自由になれたのは良かったです。そして、度胸もついて会社での振る舞い方が向上したのは良かったw
最終的な目標は「かわいいセフレを5人作れる」「年間50即できる」実力をつけることです。

<PUA基本3か条>
1.主体的であること
2.例外であること
3.失う覚悟を持つこと

全記事表示リンク

検索フォーム

カテゴリ別記事一覧

つぶやき