ネトアポのダブルヘッダー。

1人目(Tinder)は、171㎝長身。オシャレでモデルみたい。会った瞬間、相手の表情・口調に落胆の色が見えた。これは明らかにルックスグダ、厳しいか。直家するも、早速「私用事あるので、1時間で帰ります」発言。会話は、主に相手のネットワークビジネスの話を聞かされ終了。やはりTinderは胡散臭い人が多いのか。。。

2人目(Pairs)は、23歳スペ低登場。ファッション・会話ともに非モテ臭がする。和みはできたが、ギラツキに対して強グダ。オレは78点という高評価有り、食いつきはあるが、バリ堅子。聞くと、やはり恋愛経験が少ない子。マッサージしてくれたり、出前代一部出してくれたりする良い子だが、、もう会わないかな。

連続アポ負けして、意気消沈で疲れているところに、Rから招集有り、街に出る。
知り合いが集結しており、地蔵トークをする。みんなスペックが高く、オレだけスト値が圧倒的に低いことにふと気づき、愕然とした。
その後、Rとコンビでストるも反応悪く、坊主で終了。

彼女とのデートを蹴ったというのに、散々な1日だった。


翌日、おれの家に泊まっていった駆け出しカメラマンDENDENさん(=R氏w)にネットナンパ用の写真撮影を依頼し、快諾してもらう。服装をよく考え、帽子やストール等、オシャレに決めて撮影地へ向かう。
新宿西口公園や、その近くにある高級ホテルのロビーで、ミラーレスカメラを使って、パシャパシャと撮影会。
最終的に何枚か素晴らしい写真が撮れた。奇跡の1枚を撮るためには沢山撮ることが重要だと分かった。
そんなわけで男同士のデートwwwだったわけだが、楽しい一日だったなあ。


(その後)
ネットナンパは結局すぐに止めてしまった(3ヶ月)。理由は以下。
①メンヘラ多いから、自分のメンタルもやられる。
②一日中無言デスクワークのオレが、家でもパソコンの前でかじりつくのは不健康極まりない。(肉体労働系やバリバリ外回り営業マンなら、ストよりもネトの方が向いているかもしれない。)
③図に乗っているのか、コミュニケーションを舐めてるのか、返信がシンプルすぎる奴が多い。オレのネトプロフ値が低いのも要因だろうが。
④暇つぶしみたいな女が多い。笑わせてくれるのをただ楽しんでいるだけの。無料のお笑いライブと勘違いしてる?ギブばっかりで馬鹿馬鹿しい。
⑤単純に、隙間時間にもLINE打つのが面倒くさい。(メーセージ代行サービスとかあれば、利用したいくらい。料金が高いのは嫌だけど、歩合制で1件アポ成立につき数千円とかなら、是非お願いしたい笑)
⑥やっとアポが取れたと思っても、結局キャンセルされる。他の男ともアポを入れているのか、1週間以上空いてしまうことが多かった。
⑦マッチ後メッセージを送っても返ってこないことが多かった。これはマッチ数が多すぎるというアプリの問題もあったが、時間のロスがもったいない。
関連記事