FC2ブログ

記事一覧

アパレル子(Pairs)

ペアーズでの始めてのアポ。ペアーズ1ヶ月やってみても、なかなかアポが取れなかった。可愛い子とマッチングできないし、できたとしてもメッセージがすぐ途切れることが多かったが、ようやく一人アポできた。
アパレルで勤める28歳。アパレル関係の、おしゃれな女の子は初めてだ。2回食事アポをドタキャンをくらったが、今回「食事のついでに、花見行こうよ!」でようやく成立したアポである。さて、そこで作戦を考える。先に花見に行くのは、自宅搬送に持っていく流れを考えるとグダが発生しやすく、正直めんどくさい。先に食事に行くとして、外食だとこれまた自宅搬送のタイミングが難しい。やっぱり家だ。いつもの出前ルーティーンを使おう。それで拒否られたら、申し訳ないが放流するか、近所の公園で食べることにしよう。風邪ひいて体調悪く、ずっと寝込んでいたため全く勝てる気がしないが、がんばろう。

18時ちょうどに彼女は到着。遅刻しない女の子は好感の持てる。背が高いし(俺よりもね…泣)、アパレルだけあってやっぱりおしゃれだ。歩いてる時の距離感は、時々接触して、良好だ。これまでのネットナンパのアポは全て、最初から距離感が近い。ストとは大違いだ。なぜなんだろう?元来寂しがり屋の子が多いのか、それともメッセージで食いつきが勝手に上がっているだろうのか?

そして、やや緊張しながら切り出した。「ごめん、言ってたカレー屋なんだけど、今お店がなくして、出前サービスだけにしたみたい。そこは、芸能人のロケ弁にも使われている有名店で、出前だけで商売成り立つかららしいよ。だから、出前を注文することにしたわ。急で申し訳ないんだけど。もし家が汚かったり臭かったら、速攻で帰ってもいいから笑」 と話した。表情を見たところ、特に抵抗がなさそうで、安心した。慣れているのだろうか。ノーグダ自宅イン。

家では、お酒の準備をする。予め準備をするのは、わざとらしく、抵抗感を生む気がするので、最近は準備していない。いつもの通り、丁寧に和みを入れていく。まずは、仕事であるファッションについて色々教えてもらう。オレのアイテムは暗い色が多いので、明るい色をもっと取り入れなさいとのアドバイス有りw。途中カレー屋が来て、カレーを食べながら話をする。 恋愛話をしている時、向こうからのボディタッチもあり、まるで誘われているようだった。「腰が痛い」と言っていたので、「腰大丈夫?整体とか行った?」⇒「整体マッサージしてあげるよ。俺、タイで授業を受けたことあるから」と言ってみる。「じゃ、やってもらおうかな」。そこからは、下ネタ会話をしながら、あらゆるところマッサージして、流れでノーグダゲット。エッチが好きらしく、ノリノリで、結構経験が豊富そうだった。やっぱりネットナンパは、会うまでが大変だが、いったん会えればその後は楽な気がする。もちろん「和み」は重要だが。「和み」の威力は本当にスゴイ。何も持たざる自分の唯一の強みは「和み」のスキルだと思う。

ピロートークで、実はバイセクシャルだと告げられる。これは以前にもあったので、特に抵抗はないし、驚かない。ナンパをしていると、本当にいろんな人に出会えて、人間の本質について学ぶことができる。体調も悪く、本当はこのままずっとピロートークをしていたかったが、女が花見に行きたそうににしていたので、準備して外出。楽しく花見をした後、解散。風で散る桜吹雪がとても美しかったが、隣で歩いているスタイルがいい女もとても美しいと思った。

今回の子は、おしゃれについて教えてくれるし、明るい子なので、できればキープしたいなと思う。身長が高い人が好きと言っていたので、ダメかもしんないけどw。女はいつも見る目が厳しい。 でも、ペアーズで身長を大きく詐欺しているにもかかわらず、いつも女の子が受け入れてくれるという事実に、女の本質的な優しさを感じる。努力でカバーできないものについては、ある程度は許容してくれるのかもしれない。

(おまけ)
ペアーズについて。基本的に、年齢層が高かった。30歳前後が多い印象。こちらのいいね数はそこそこあるにも関わらず、若くてかわいい子は全然マッチングが返ってこないことから、ほとんどの男が一部の若くてかわいい女の子に集中しているものと思われる。良かった点としては、タップルに比べて気持ち悪い系女子が少なかったこと(1人いたがw)。結局、ペアーズも1か月で止めることにしました。マッチングアプリ自体は一応結果が出ているので、軽めに続けたいが、いいアプリ無いかなと模索しているところ。。。
関連記事

★このエントリーをはてなブックマークに追加↓
このエントリーをはてなブックマークに追加

★他の有名ナンパブログはこちら↓
にほんブログ村 恋愛ブログ ナンパ・逆ナン(ノンアダルト)へ

★くりぼうずの恋愛ノウハウ↓
note

★くりぼうず一押し教材↓
note

プロフィール

kuribozu

Author:kuribozu
30代くりぼうずと申します。非リア充・陰キャで、10代と20代ずーとモテない人生を送ってきました。

ちなみに、くりぼうずは中学生時代のあだ名です。
私の頭の形が栗型だったからか、ただ単に同級生達がクリトリス好きだったからなのか由来は知りませんが、当時は卑猥なこのあだ名で呼ばれるのが嫌でした。。。
今活用できてラッキーだがw

中学・高校と男子校で、勉強漬けの毎日で、出会いゼロ。
中学で成長が止まり、周りとの身長差が広がる日々。身長コンプレックスによるうつ病になった。今思うと、「これから苦労の人生を送ることになる」と無意識ながら本能的に感じていたのかもしれない。

勉強一筋の生活だったのにも関わらず、大学受験に失敗。浪人することに。同じクラスにとてもかわいい女がいた。今まで一度も話したこともないのに、帰り道に尾行して、勇気を出して「ちょっと話しませんか?」といきなり声かけ。不自然すぎで、あっさり撃沈。ストーカーかよw でも、これが人生初ナンパだったのだなと思う。

ようやく入った大学も理系だったので、環境はほぼ男子校状態。入ったサークルも全員男子。おまけに当時は、低身長・低能力・彼女無など、劣等感にまみれており、人と関わることを避けていた。要するに、自分と他人を比較できないように、現実から目を背け、逃げていたのだ。こうして、友達も少ないコミュ障男が出来上がった。

社会人になって同期の女の子で好きな子ができて、向こうも最初好意があったと思うが、自分の恋愛能力ゼロゆえに、告白することすらできず、あっけなく自滅。。。。
その後も、同期の美人が先輩と結婚したりと、苦汁を舐める人生でした。
何年もずっと街中でカップルを見かけるたびに心底悔しかった。
(今でも美女カップルを見ると悔しいです。この悔しさから解放された時、自分はナンパを引退できるのでしょう。)

25歳まで童貞でしたが、性欲だけは群抜いていたので、韓国旅行中に風俗で40歳くらいのババアと初体験した後、長年海外風俗に入り浸っていました。何年もモテないことからずっと目を背けてきた訳です。そんなオレの状況を見るにみかねた会社の先輩が、オレのために合コンを企画してくれましたが、緊張して女の子とろくに話せず、非モテをさらして恥ずかしい思いもしました。会費を免除されたくらいです笑

「このままオレは一生結婚できずに死んでいくのか?それは嫌だ。それなら、結婚相談所に行って可愛くない女と結婚するしかないのか?」そんなことを考え出した30歳の時(海外勤務中)に、ネットナンパを始めてみました。待っているだけではオレは一生彼女できないとようやく悟ったわけです。そこでなんとか人生初の彼女(現地人)を作りました。その後、他にも10人(全て外国人)ほどゲットし、うち2人とは良い関係を築けました。

日本に帰ってきてからもネトナンやって彼女を作ろうとする。だが、低身長やルックスの悪さも関係したのか、さっぱりモテず(10連続アポ負け等)、ついにネトナン放棄。どうせなら自分の好みのタイプと出会いたいと思い、ストリートナンパを始めました(2015年~)。

継続しているうちに、そこそこゲットもでき、今付き合っている大切な彼女もできました。出口の見えない恋愛の呪縛から解放され、自由になれたのは良かったです。そして、度胸もついて会社での振る舞い方が向上したのは良かったw
最終的な目標は「かわいいセフレを5人作れる」「年間50即できる」実力をつけることです。

全記事表示リンク

検索フォーム

カテゴリ別記事一覧

つぶやき