FC2ブログ

記事一覧

ひな祭り(タップル誕生)

ネットナンパのアポ4回目。
今回も、最寄り駅アポ。
事前電話無しだが、その分LINEでのやりとりは多めにした。
アポまで時間が空いていたので、毎日1通ずつ程度やりとりした。
直前まで放っておいて、女の気持ちが盛り下がったのか、キャンセルされたケースがこれまで複数あったからだ。

当日、寝すぎで調子悪かったので、ジムへ行ってすっきりしてからアポに臨む。
合流して、「ピザでいい?出前しておいたわ。」で、直家を匂わす。
家の前で、「ここ!家だけどいいかな?笑 汚かったら速攻帰っていいから笑」。
若干戸惑いはあったが、難なくイン。

家では、お酒を目の前で準備する。また、明かりも最初は暗くしすぎず、普通に蛍光灯にしておいた。
先日、最初から暗くしており、お酒も準備済で「慣れすぎじゃないか?」という警戒感を女に抱かせて失敗した為だ。

共通の趣味の話、過去の話、恋愛話、を交互に織り交ぜて、和み会話する。笑い反応が出ていて良好な雰囲気だ。
注文したピザが来て、食べ終えたころからギラつき開始。主に、①職場「セクハラ親父」マネと、②肩こってるから「マッサージ」、③心理療法「後ろハグ」のルーティーンを使う。
グダはあったが、Mっぽい性格であり、終始笑顔なので、多少強引に行く。
お酒をあまり飲んでいないこともあり、なかなか難しいので、一旦引いて再びトーク。
そしてまたギラツキ、性感帯を徐々に責めて行って、ようやくゲット。今回も準処女みたいな子だった。
相手の話を引き出す和みトーク、主導権を渡さない絶妙な好意の伝達、2歩進んで1歩後退のギラツキ、
が最近上手くなってきたなあと実感している。
特に今日は、慢性的な睡眠不足がなく、且つ運動して気分が良かったので、調子(頭の回転)が良かった。

ピロートークも楽しい。
ルックスは並(25歳)だが、性格が奥ゆかしく、癒し系で素晴らしい。
O型は相性が良いのか、好きだ。
いっしょにいて楽しい女の子が、一番だなと最近思う。

ネトナン1か月課金で、4回アポ取得、全て直家。うち、3回即。
先日ネトナンやめる宣言したが、やっぱりもう一回やろうかな笑
特筆すべきは、プロフで身長を8cmも盛っているにも関わらず、誰もそれに一切触れることはなく、
Hまで行ったこと。このことから、いかにトークが大切かということが分かるだろう。
直家が成功するコツとして、早い時間のアポ設定(17時~)で外がまだ明るいから、警戒心が少ないのかも。
あと、自分が女よりも一回りも小柄なので、襲われても逃げれるしと思われているのかもw
これぞ「災い転じて福となす」かなw


<後日談>
何度か既読スルーされたり、いつも返信が遅かったが、お花見デートでようやく誘い出す。が、会った直後から、様子がおかしい。全然話さないし、すぐに沈黙になる。仕事で疲れていると言っており、単純なオレはそうなのだろうと信じた。お花見終わった後、「家で、ゆっくりご飯食べよう」と自宅へ誘うと、拒否。帰りたがる。明らかに怒っている様子なので、なんとかなだめようと話す。が、しかし、話せば話すほど、距離は離れていくばかり。普段温和な人が怒ると、とても怖い。
まとめると「前回Hはした時、笑ってはいたが、実は嫌だった。帰ってからもしばらく後悔した。いきなり家連れ込むし、Hするし。人の気持ちが分からないようなデリカシーの無いこの人は、彼氏として無いと判断した。今日来たのは、誘いがしつこかったから。ひょっとしたらと少しは期待していたが、家に誘ってきた時に、ああやっぱりそうか、と思った。そういう目的なら、そういう人を探すべき。私ではない。」とのこと。最後は「もう、こうやってあなたと話しているのも時間の無駄だから、早く帰りたい」と切実に訴えてきた。何度も謝ったが、どうにもならず、猛烈に嫌われた状態で解散。
こないだのお気に入りの子の場合もそうだが、今回も、女がいったん嫌いの方向へ振れると、ドンドン進行して、その流れを食い止めることはできなかった。このシチュエーションではかなり難しいとは思うが、こういう場合に、相手を引き止める(別れを回避する)トーク術とか無いのであろうか?いずれにしても、オレには、共感性の能力が欠如しているようだ。嫌いな人にならともかく、自分の好きな人に嫌われるということは本当に辛いものだなあ。
(女は一人の特別な男を徹底的に愛し、その他の男には無情なほど冷淡だ。その代わりとして、男には浮気しないことを求め、浮気が露呈した場合、その一種の契約をすぐに破棄する。一方の男は、特定の女にコミットすれば、失うリスクは少ない。だが、とにかく多くの女を追い求めたい。つまり、男と女の利害は永遠に交わらない。なぜ神はこのように、男と女が苦しむように設計したのだろうか?)
関連記事

★このエントリーをはてなブックマークに追加↓
このエントリーをはてなブックマークに追加

★他の有名ナンパブログはこちら↓
にほんブログ村 恋愛ブログ ナンパ・逆ナン(ノンアダルト)へ

★くりぼうずの恋愛ノウハウ↓
note

★くりぼうず一押し教材↓
note

プロフィール

kuribozu

Author:kuribozu
30代くりぼうずと申します。非リア充・陰キャで、10代と20代ずーとモテない人生を送ってきました。

ちなみに、くりぼうずは中学生時代のあだ名です。
私の頭の形が栗型だったからか、ただ単に同級生達がクリトリス好きだったからなのか由来は知りませんが、当時は卑猥なこのあだ名で呼ばれるのが嫌でした。。。
今活用できてラッキーだがw

中学・高校と男子校で、勉強漬けの毎日で、出会いゼロ。
中学で成長が止まり、周りとの身長差が広がる日々。身長コンプレックスによるうつ病になった。今思うと、「これから苦労の人生を送ることになる」と無意識ながら本能的に感じていたのかもしれない。

勉強一筋の生活だったのにも関わらず、大学受験に失敗。浪人することに。同じクラスにとてもかわいい女がいた。今まで一度も話したこともないのに、帰り道に尾行して、勇気を出して「ちょっと話しませんか?」といきなり声かけ。不自然すぎで、あっさり撃沈。ストーカーかよw でも、これが人生初ナンパだったのだなと思う。

ようやく入った大学も理系だったので、環境はほぼ男子校状態。入ったサークルも全員男子。おまけに当時は、低身長・低能力・彼女無など、劣等感にまみれており、人と関わることを避けていた。要するに、自分と他人を比較できないように、現実から目を背け、逃げていたのだ。こうして、友達も少ないコミュ障男が出来上がった。

社会人になって同期の女の子で好きな子ができて、向こうも最初好意があったと思うが、自分の恋愛能力ゼロゆえに、告白することすらできず、あっけなく自滅。。。。
その後も、同期の美人が先輩と結婚したりと、苦汁を舐める人生でした。
何年もずっと街中でカップルを見かけるたびに心底悔しかった。
(今でも美女カップルを見ると悔しいです。この悔しさから解放された時、自分はナンパを引退できるのでしょう。)

25歳まで童貞でしたが、性欲だけは群抜いていたので、韓国旅行中に風俗で40歳くらいのババアと初体験した後、長年海外風俗に入り浸っていました。何年もモテないことからずっと目を背けてきた訳です。そんなオレの状況を見るにみかねた会社の先輩が、オレのために合コンを企画してくれましたが、緊張して女の子とろくに話せず、非モテをさらして恥ずかしい思いもしました。会費を免除されたくらいです笑

「このままオレは一生結婚できずに死んでいくのか?それは嫌だ。それなら、結婚相談所に行って可愛くない女と結婚するしかないのか?」そんなことを考え出した30歳の時(海外勤務中)に、ネットナンパを始めてみました。待っているだけではオレは一生彼女できないとようやく悟ったわけです。そこでなんとか人生初の彼女(現地人)を作りました。その後、他にも10人(全て外国人)ほどゲットし、うち2人とは良い関係を築けました。

日本に帰ってきてからもネトナンやって彼女を作ろうとする。だが、低身長やルックスの悪さも関係したのか、さっぱりモテず(10連続アポ負け等)、ついにネトナン放棄。どうせなら自分の好みのタイプと出会いたいと思い、ストリートナンパを始めました(2015年~)。

継続しているうちに、そこそこゲットもでき、今付き合っている大切な彼女もできました。出口の見えない恋愛の呪縛から解放され、自由になれたのは良かったです。そして、度胸もついて会社での振る舞い方が向上したのは良かったw
最終的な目標は「かわいいセフレを5人作れる」「年間50即できる」実力をつけることです。

全記事表示リンク

検索フォーム

カテゴリ別記事一覧

つぶやき