<前回(ネト即)の子との後日談>
http://kuribozu.jp/blog-entry-125.html

2回目は、無事おかわり成功。

3回目は、相手のリクエストにより、日にちを空けてアポの日程が決まる。
ただ、途中、ラインも否定的なメッセージ多く、返信遅めでなんとなく嫌な予感がする。
前々日に、「お部屋には行けないです、、外だったらいいですが、、ごめんなさい 好きな人がいるから」というLINEがくる。
心底驚いて電話しようとするが、拒否され、LINEで応酬。
聞くと、タップルで出会った他の男のことを好きになったとのこと。
前回会った時に、「今度、他の男とも会う予定」と言うから、キャンセルするようにお願いしたのだが
「一応、勉強のためにね。」というから、あまり強くは言わなかった。
あの時、もっと真剣にお願いしておけば。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。こんなことには、、、、、

今後の参考までに、なぜその男を好きになったかを聞くと、
「分からないです、でも相手から選ばれてもないし選んでもないです。けど会ってただ好きになったんです。それだけです。」
「ただ会ってその人とは7時間ぶっ続けで話し続けて 色んな話聞いて尊敬できるから好きだと思いました。」
「学生からずっと勉強しかしてこなかった人で自分がどれだけ勉強できるか知りたくてプレッシャーやストレス抱え込んで救急車何回も運ばれても勉強して限界に挑んだとか 私が知らないことや今勉強してることを沢山話してくれるし自分の芯がしっかりある人で私もこうなりたいって思ったし憧れてもいます、そういう人です」
「多分彼わたしに気ないので付き合わないと思います」
「わたしは本気なんですよ、その人の事大好きなんですよ、だから今は自分に好意を向けてる人と会うのよしたいんです。」
で、オレご臨終。ちーん

以上の話をまとめると、、、、、
「その男とはセフレの関係でも構わない。そのマイナス部分を差し引いても、まだオレの魅力が足りなかった」
超お気に入りのキセクだったので、これは病んだ。さすがに病んだ。本気で病んだのだ。
「魔の3回目」。これまでにも同じように、2回会って、3回目に会えずに終わるケースが何度もあった。

<考察>
①約束を破ってしまった。次は外で食べようと言っていたのに、めんどうだなと思い、自宅集合を打診して、断られた。
その場の雰囲気でつい言ってしまったのを忘れていた。信頼を無くさないように、自分の発言には責任を持たないといけないと思った。以前にも、遊園地に行く予定だったが、野暮用が出来てリスケしたことで、ブロックされたケースがあった。
②Hしたいという気持ちが強く、ヤリモク感が滲み出ていたのだろうか?
もっと丁寧に、下心を消して、接していれば、結果は変わったかもしれない。
例えば、3回目は絶対にHしないと決めておいて、いっしょにお出かけすることで、誠実さを伝えるとか。
③即った後に自分がキャラを変えてしまっているような気がする。
一貫性が無く、相手をガッカリさせてしまった可能性がある。
④拒絶された際に、好意を伝えて気持ちをつなぎ留めようとお願い営業したのが、
決定的にステータスを下げて、友達関係すらも失ってしまった。
「その人と上手くいくことを応援してるよ。困った時には、相談しておいで」くらいの余裕で対応すべきだった。
そうすれば、友人関係を維持、うまくやればセフレ関係を構築することができたかもしれない。
⑤好きな男のことを興味本位で聞いたのは良くなかった。
女がその男を好きな理由を自分で探し出してしまうから。
冷静になって、「なぜ、オレに処女を捧げてくれたの?」「なぜ、こないだ体調悪い中わざわざ会いに来てくれたの?」
と、オレを好きだった理由を聞くべきであった。

今はただただ後悔しかない。
関連記事