ライオンの街で。バス待ちしてる地方からの就活生19歳をベンチ連れ出し。
化粧していないけど、化粧したらキレイになる「原石」だと思った。
会話も盛り上がり(勘違いだったw)、1時間以上話した。
解散時、バンゲしようとしたらなんと拒否( ゚Д゚)。
意味不明すぎて、怒りの感情と不思議でしょうがない気持ち。
「無難な会話ほどダメなものはない」ということか。ただただ虚しい。
もっと感情を揺さぶるトークをしなければ。

その後、飲み屋にいるおっさん師匠と合流。
飲みながら、落ち込んでいるオレに上司のように親身にアドバイスしてくれた。

①全く自信が感じられないのが一番まずい。とにかく自信を持ちなさい。
②メタ認知(?)を意識して、常に客観的な視点を持って行動しなさい。
③時間が制限されていても、常に即を意識し必ず女を誘うこと。嫌われても良い。何もしないのが一番ダメ。
④現状が理想からかけ離れているなら、今までと同じことをしていてはダメ。根本的に自分を変えなければいけない。
⑤無駄に悩んでいる時間はもったいない。そんな暇があったら行動しろ。ナンパを現役でやる時間はあまり残されていない。

それから、退店後におっさんの声かけを見ていて気づいたこと。
相手から反応が得られている場合は、多少強引でも、距離を縮めて積極的にスキンシップをとる。
背中をポンポンと何度か軽く叩くとか、手や腕をそっとつかむとか。
(←これを、オレはいつもおっさんにやられているw。親近感が沸くし、なぜか安心感も感じる。)
「女に遠慮しすぎているのでは?」とも言われたが、そういうことなのかも。
確かに昔即できていた時はもっと積極的だった気がする。

最近出ても出ても結果が出ないが(バンゲすらできない泣)、とにかくやるしかないよなー。
関連記事