FC2ブログ

記事一覧

2018年7月(出撃日誌)

有楽町で。最初30分ほど地蔵。これは新宿以外でやる時は、どうしても治らない。一人でぶらぶら買い物と思しきターゲットは意外に多い。声掛け開始もガンシカ続き。仏頂面かな?と思い、声掛けする瞬間に目を見開くことを意識するとオープンするようになる。だが、トークが酷い。最初反応よかったのに、普通に話しているうちに「関係なくないですか?やめてもらえます?(憤怒)」という反応も食らってしまう。スランプもありそう。...

続きを読む

これまでの軌跡

これまでの自分のナンパ史を振り返ってみた、オナニー的な記事ですw<2015年>●ストナンを始める。主に、地蔵期間。ナンパブログや市販のナンパ・恋愛書籍を読んでインプットに努める。(補足:お気に入りブログはRSSリーダーに登録していくと便利。個人的には、Inoreaderがオススメ。書籍はアマゾンの中古が安い。)●夏頃に統主さんの講習を受ける。ハンドルネームが無いって珍しいねと言われ、「くりぼうず」というハンドルネー...

続きを読む

2018年上半期(出撃日誌)

主に敗北記事まとめw基本メンヘラがかっているので、この先読み進めるのは要注意w(数字は活動月を表します)①新年初出撃。気合いが入っておらず、1時間ガンシカ祭りw。一人立ち止め、反応良いが、連れ出せず、散歩して解散。その後、また再開w。今度はベンチに座って極寒のなか和みトーク。恋愛トーク・H系トークも自然に入れ、ボディタッチも所々きれいに決まった。来週に直家アポ取れたが、どうなることやら②ネトナン上手く...

続きを読む

ルックス(スト値)を上げる為に取り組んだこと

<髭脱毛>先日、10回コースが終了した。オレは体毛は薄いほうなのだが、なぜかナンパ師のあいだでは、髭脱毛は割と一般的だったので、試してみたのだった。メリットとしては、髭がなければ若く見えることと、毎朝の髭剃りが楽なこと。デメリットとしては、今後髭を生やしたいと思った時には手遅れなことと、何度も通う必要があり面倒くさいこと。新宿にあるメンズクリアというところに通っていた。大体、2~3週間に1回のペース。...

続きを読む

ナンパ用ウィッグ新規調達

今日はウィッグをカットしてきた。既にウィッグは2個持っているが、両方とも金髪系で、他のナンパ仲間達から「派手すぎでは?」と苦言を呈されていたからだwなので、新たに濃い茶髪を購入。わざわざカットしに行くのは面倒なので、自分で切ろうと思うが、後ろを少しだけ切ってみてすぐに無理と判断。前回同様に、中板橋にある「sheeps」さんに行くことにした。前回は、オーナーである店長に切ってもらった。ナンパ用であることを...

続きを読む

ボイストレーニング体験レッスン

「声かけする日によって、女の反応が大きく変わるのはなぜか?」といつも不思議に思っていた。また、「オレの連れ出し打診が一向に通らないのは、ルックス以外の要素もあるのではないか?」とRとの議論でも、何度か話が出ていた。それは、おそらく「声」ではないかと薄々感じていた。日常生活で相手から聞き返されることも多かったし、うまく発声できないことも多かったから。(普段、黙ってする仕事だから、仕方ない面はあるのだ...

続きを読む

ナンパにおけるモチベーション

いまナンパにおけるモチベは昔ほどは無い。なぜか?ナンパを始めた当初は、とにかく素敵な彼女が欲しいという一心で出撃していた。結果が出なくとも、一向に構わなかった。声かけすること自体にスリルを感じていたのもあるかもしれない。だが、今は、彼女がいる。もう付き合い始めてから、長い。ルックスは普通だが、性格や会話の相性が良いのか、一緒にいて居心地が良い。最初付き合い始めた時はとりあえず付き合うかという感じだ...

続きを読む

ナンパに役立つ書籍一覧

恋愛市場で戦いを始めるにあたって、学ぶべき知識は多い。自分がこれまで体系的に学んできたものとして、・ファッション、コーディネート・美容、筋トレ・連れ出しやアポに使えるお店(レストラン、カフェ)・自宅の作り方、用意するお酒の種類・トーク話術、ユーモア・心理学、誘導の仕方、グダ崩し・スキンシップの仕方、ギラつきなどなど。具体的には、書籍をアマゾンで大量に買って読んできた。今回せっかくなので、その中でも...

続きを読む

傾聴スキル/真の強さとは

先日、会社で部長と面談した際に、「実は、会社を辞めようと思っています」と告げた。大企業ならではの無駄な業務と、それに付随する繁忙感に、ほとほと嫌気がさしたからだ。部長は最初「マジかw」とポップなノリで返したが、「無理に引き止めたりするつもりはないが、少し話を聞かせてもらえないか?」とマジメな表情で言った。それから、1時間くらい話をした。「今すぐに決める必要は無い。1週間後にもう一度面談しよう。その時...

続きを読む

ナンパブログを書くメリット

結論から言うと、ブログは書いた方がよいと思う。まず、アウトプットすることで頭の中を整理でき、記憶を定着させることができるからだ。さらなるメリットとして、凄腕と合流しやすい点がある。ブログは、自分のプロフィールそのものだ。例えば、自分がある程度の経験がある人だとして、何の情報もない見ず知らずの人から合流申請が来て、会おうと思うだろうか?よほど心の広い人であれば会うだろうが、普通の人は会わないと思う。...

続きを読む

キープの考察 ~惚れた女を他の男に獲られる苦痛~

<前回(ネト即)の子との後日談>http://kuribozu.jp/blog-entry-125.html2回目は、無事おかわり成功。3回目は、相手のリクエストにより、日にちを空けてアポの日程が決まる。ただ、途中、ラインも否定的なメッセージ多く、返信遅めでなんとなく嫌な予感がする。前々日に、「お部屋には行けないです、、外だったらいいですが、、ごめんなさい 好きな人がいるから」というLINEがくる。心底驚いて電話しようとするが、拒否され、L...

続きを読む

2017年その他活動日記

軽く出ることは多かったが、意外と活動日数が多かったことにビックリ。それにしても、坊主ツイート多かったなー。。。。①元旦ナンパ。人少なくて、いたとしても外国人か旅行者。24歳連れ出し。お酒を買い直レン目指すが、入り口で拒否、態度硬化。なだめてお酒飲みながら30分立ち話。相手の話を引き出すことを心掛け、楽しい会話ができた。その後、おっさんとコンビ。女の子をドッと笑わせるのでやはり上手いと思った。今日も...

続きを読む

2017年総括

2017年の結果は、単独ゲット:8(+正三ゲット:5)だった。昨年とあまり変わらない結果に終わった。ナンパ活動の全日数は昨年同様、100日弱していたが、連れ出し負けやアポ負けが多かった印象。単独で20即以上を目標としていたが、全然届かなかった。(単独即のときの)女の子レベルは、スト2~8まで様々だった。出だしこそ好調だったが、暖かくなるにつれ、結果が出なくなった。代わりに、素晴らしい仲間に出会い、コンビナ...

続きを読む

準彼女との悲しい別れ

半年以上いっしょに過ごしたキープと別れることに。この子はナンパして、3回目のアポでようやくHした子だ。食いつきは感じられたのに、個室でなかなか落とせなかった。それは、今まで彼氏一人しか付き合ったことがないという真面目さと、オレと真剣に付き合いたいと思ってくれていたから、だと今では思う。相性が良いのか一緒にいてとても楽しく、何度もいろんなところで食事デートして、美術館デートもしたりした。顔は普通だが...

続きを読む

2016年総括

今日はナンパ仲間に誘っていただいた忘年会。共通の趣味を持っているので会話が楽しくて、あっという間に終わってしまった。いや、実際に時間も短かった!ナンパに出るためにwwその後、オレは新規合流。オレのファン(!)だという、ナンパを始めたばかりの若者wwwおっさんが、彼からの合流申請文章を転送してきて、「くりのファンらしいから会ってやれ。オレは会わないけど」と言ってきたwww合流申請なんて山ほど来るだろ...

続きを読む

2016年その他活動

敗北日記、合流日記についてツイートしたものを整理してみた。番号は活動月。こうして振り返ると、負けまくってる。。。。。(50日超)③友人との食事後、軽くスト。雨だったので、久しぶりに西口地下でやる。帰るモードの人はなかなか崩せない。場所が悪いのか、ガンシカの嵐w。雨に濡れるのが嫌で、いつもの帽子をかぶってなかったのが痛いかw本日3時間スト。身体も頭も動きが鈍い。 ただ、ある女の子と立ち話で、寒い中30...

続きを読む

愛を知る

出会ったのは、夏休みに一人で旅行に行った時だった。バス停でその人は一人待っていた。同い年くらいだろうか?「○○駅行きのバスってここですか?」を声をかけた。「そうですよ。」少し愛嬌のある顔でニヤニヤと照れ笑いしていた。隣に座って、共通の趣味について話し合った。その後、バスに乗り、同じ電車で首都圏へ戻って、一緒に食事をした。若く見えたが、実際はバツイチでもうすぐ40歳とのことだった。若い時は相当な美人だっ...

続きを読む

社内合コンから準即

会社の知り合いに誘われて2対2の合コンへ。合コン当日はなんとか3時間盛り上げて、1か月後にアポへ。レストランで食事をしながら悩みをひとしきり聞いた後、「2人きりになれるところに行こう」と言ってラブホテルへ。たいしたグダもなく、挿入。ただ、コンドームでなかなかイケないので、途中からゴムをはずして最後外出し。翌日、メールの返信を少し遅れただけで、「ヤリ捨てだったのね!」と激しく非難され、その後は返信が無か...

続きを読む

プロフィール

kuribozu

Author:kuribozu
30代くりぼうずと申します。非リア充・陰キャで、10代と20代ずーとモテない人生を送ってきました。

ちなみに、くりぼうずは中学生時代のあだ名です。
私の頭の形が栗型だったからか、ただ単に同級生達がクリトリス好きだったからなのか由来は知りませんが、当時は卑猥なこのあだ名で呼ばれるのが嫌でした。。。
今活用できてラッキーだがw

中学・高校と男子校で、勉強漬けの毎日で、出会いゼロ。
中学で成長が止まり、周りとの身長差が広がる日々。身長コンプレックスによるうつ病になった。今思うと、「これから苦労の人生を送ることになる」と無意識ながら本能的に感じていたのかもしれない。

勉強一筋の生活だったのにも関わらず、大学受験に失敗。浪人することに。同じクラスにとてもかわいい女がいた。今まで一度も話したこともないのに、帰り道に尾行して、勇気を出して「ちょっと話しませんか?」といきなり声かけ。不自然すぎで、あっさり撃沈。ストーカーかよw でも、これが人生初ナンパだったのだなと思う。

ようやく入った大学も理系だったので、環境はほぼ男子校状態。入ったサークルも全員男子。おまけに当時は、低身長・低能力・彼女無など、劣等感にまみれており、人と関わることを避けていた。要するに、自分と他人を比較できないように、現実から目を背け、逃げていたのだ。こうして、友達も少ないコミュ障男が出来上がった。

社会人になって同期の女の子で好きな子ができて、向こうも最初好意があったと思うが、自分の恋愛能力ゼロゆえに、告白することすらできず、あっけなく自滅。。。。
その後も、同期の美人が先輩と結婚したりと、苦汁を舐める人生でした。
何年もずっと街中でカップルを見かけるたびに心底悔しかった。
(今でも美女カップルを見ると悔しいです。この悔しさから解放された時、自分はナンパを引退できるのでしょう。)

25歳まで童貞でしたが、性欲だけは群抜いていたので、韓国旅行中に風俗で40歳くらいのババアと初体験した後、長年海外風俗に入り浸っていました。何年もモテないことからずっと目を背けてきた訳です。そんなオレの状況を見るにみかねた会社の先輩が、オレのために合コンを企画してくれましたが、緊張して女の子とろくに話せず、非モテをさらして恥ずかしい思いもしました。会費を免除されたくらいです笑

「このままオレは一生結婚できずに死んでいくのか?それは嫌だ。それなら、結婚相談所に行って可愛くない女と結婚するしかないのか?」そんなことを考え出した30歳の時(海外勤務中)に、ネットナンパを始めてみました。待っているだけではオレは一生彼女できないとようやく悟ったわけです。そこでなんとか人生初の彼女(現地人)を作りました。その後、他にも10人(全て外国人)ほどゲットし、うち2人とは良い関係を築けました。

日本に帰ってきてからもネトナンやって彼女を作ろうとする。だが、低身長やルックスの悪さも関係したのか、さっぱりモテず(10連続アポ負け等)、ついにネトナン放棄。どうせなら自分の好みのタイプと出会いたいと思い、ストリートナンパを始めました(2015年~)。

継続しているうちに、そこそこゲットもでき、今付き合っている大切な彼女もできました。出口の見えない恋愛の呪縛から解放され、自由になれたのは良かったです。そして、度胸もついて会社での振る舞い方が向上したのは良かったw
最終的な目標は「かわいいセフレを5人作れる」「年間50即できる」実力をつけることです。

全記事表示リンク

検索フォーム

カテゴリ別記事一覧

つぶやき