FC2ブログ

記事一覧

人を騙す手口

今日あった話。プロバイダを変更しませんか、と勧誘電話がかかってきた。半年おきくらいに、いつも忘れた頃にかかってくる。色々説明させて、それならいいかと、思わずOKしてしまった。しかし、その後冷静に考えて、説明がおかしなことに気づき、結局止めることにした。あれ、このやりとり何回目だろう?毎回こんな感じで、騙される。なぜ俺は話を聞いてしまい、騙されてしまうのだろう?(単に騙されやすいだけなのかもしれないが...

続きを読む

YouTuberから学ぶコミュニケーション力

以前は、ユーモアトークを学ぶのに、テレビでお笑い番組を見るという方法が有名だった。今の時代は、流行っているYouTuberの動画を研究することによって、若い女性にウケるトークを学ぶことができる。また、人を惹きつけるコミュニケーション術など、ノンバーバルな部分も含めて参考になることが多い。なぜ、彼らがこれほど多くの人から人気を獲得することができるのか?ここでは、Youtuberから学べることの一例をあげてみる。①ヒ...

続きを読む

男女の違い

女の脳は、男とは全く構造が異なる。別の生き物と言っても過言ではなかろう。これまでの経験から分かった「女の特性とそれに対する男側の戦略」をまとめた一覧が以下である。(論文みたいだがw)この記事を読んで女の扱い方に慣れた男が増えれば幸いです。(^ ^)・女性の言動と行動は一致しない。行動のみが真実であるから、言葉を鵜呑みにしない。・女は基本的にM性を持つ。男は下手に出たりせず、強気(S)で行かねばならない...

続きを読む

ナンパ講習を振り返りを通じて考察する

これまでの自分のナンパ史を振り返ってみた、オナニー的な記事ですw<2015年>●ストナンを始める。主に、地蔵期間。ナンパブログや市販のナンパ・恋愛書籍を読んでインプットに努める。お気に入りブログはRSSリーダーに登録していくと便利。●夏頃に統主さんの講習を受ける。ハンドルネームが無いって珍しいねと言われ、「くりぼうず」というハンドルネームを作り、ブログ、ツイッターを始める。夏休みに旅先でナンパした女性(彼氏...

続きを読む

モチベーション低下問題

いまナンパにおけるモチベは昔ほどは無い。なぜか?ナンパを始めた当初は、とにかく素敵な彼女が欲しいという一心で出撃していた。結果が出なくとも、一向に構わなかった。声かけすること自体にスリルを感じていたのもあるかもしれない。だが、今は、彼女がいる。もう付き合い始めてから、長い。ルックスは普通だが、性格や会話の相性が良いのか、一緒にいて居心地が良い。最初付き合い始めた時はとりあえず付き合うかという感じだ...

続きを読む

傾聴スキル/真の強さとは

先日、会社で部長と面談した際に、「実は、会社を辞めようと思っています」と告げた。大企業ならではの無駄な業務と、それに付随する繁忙感に、ほとほと嫌気がさしたからだ。部長は最初「マジかw」とポップなノリで返したが、「無理に引き止めたりするつもりはないが、少し話を聞かせてもらえないか?」とマジメな表情で言った。それから、1時間くらい話をした。「今すぐに決める必要は無い。1週間後にもう一度面談しよう。その時...

続きを読む

情報発信力

ナンパブログを書くメリットとデメリットを整理してみる。<メリット>①アウトプットすることで頭の中を整理でき、記憶を定着させることができる。②凄腕と合流しやすい。ブログは、自分のプロフィールそのものだ。例えば、自分がある程度の経験がある人だとして、何の情報もない見ず知らずの人から合流申請が来て、会おうと思うだろうか?よほど心の広い人であれば会うだろうが、普通の人は会わないと思う。逆に、相手がブログを書...

続きを読む

自分の声を録音してみる

久しぶりに、L(エルビン)とR(雷電)と三者会合。自分の音声録音して、検証することの大事さについて話し合う。某凄腕は、ナンパ音声のみならず仕事でも、後輩の営業トークを録音して、添削指導するようなこともしているらしい(驚)。ICレコーダーの使い方として、「最初からON⇒女との対峙会話終了時に都度トラックマーク(区切り)を付けていく」と、後で再生する時に対峙会話部分を探しやすいらしい(トラックマーク位置から...

続きを読む

キープの考察 ~惚れた女を他の男に獲られる苦痛~

<前回(ネト即)の子との後日談>http://kuribozu.jp/blog-entry-125.html2回目は、無事おかわり成功。3回目は、相手のリクエストにより、日にちを空けてアポの日程が決まる。ただ、途中、ラインも否定的なメッセージ多く、返信遅めでなんとなく嫌な予感がする。前々日に、「お部屋には行けないです、、外だったらいいですが、、ごめんなさい 好きな人がいるから」というLINEがくる。心底驚いて電話しようとするが、拒否され、L...

続きを読む

準彼女との悲しい別れ

半年以上いっしょに過ごしたキープと別れることに。この子はナンパして、3回目のアポでようやくHした子だ。食いつきは感じられたのに、個室でなかなか落とせなかった。それは、今まで彼氏一人しか付き合ったことがないという真面目さと、オレと真剣に付き合いたいと思ってくれていたから、だと今では思う。相性が良いのか一緒にいてとても楽しく、何度もいろんなところで食事デートして、美術館デートもしたりした。顔は普通だが...

続きを読む

プロフィール

kuribozu

Author:kuribozu
30代くりぼうずと申します。非リア充・陰キャで、10代と20代ずーとモテない人生を送ってきました。

ちなみに、くりぼうずは中学生時代のあだ名です。
私の頭の形が栗型だったからか、ただ単に同級生達がクリトリス好きだったからなのか由来は知りませんが、当時は卑猥なこのあだ名で呼ばれるのが嫌でした。。。
今活用できてラッキーだがw

中学・高校と男子校で、勉強漬けの毎日で、出会いゼロ。
中学で成長が止まり、周りとの身長差が広がる日々。身長コンプレックスによるうつ病になった。今思うと、「これから苦労の人生を送ることになる」と無意識ながら本能的に感じていたのかもしれない。

勉強一筋の生活だったのにも関わらず、大学受験に失敗。浪人することに。同じクラスにとてもかわいい女がいた。今まで一度も話したこともないのに、帰り道に尾行して、勇気を出して「ちょっと話しませんか?」といきなり声かけ。不自然すぎで、あっさり撃沈。ストーカーかよw でも、これが人生初ナンパだったのだなと思う。

ようやく入った大学も理系だったので、環境はほぼ男子校状態。入ったサークルも全員男子。おまけに当時は、低身長・低能力・彼女無など、劣等感にまみれており、人と関わることを避けていた。要するに、自分と他人を比較できないように、現実から目を背け、逃げていたのだ。こうして、友達も少ないコミュ障男が出来上がった。

社会人になって同期の女の子で好きな子ができて、向こうも最初好意があったと思うが、自分の恋愛能力ゼロゆえに、告白することすらできず、あっけなく自滅。。。。
その後も、同期の美人が先輩と結婚したりと、苦汁を舐める人生でした。
何年もずっと街中でカップルを見かけるたびに心底悔しかった。
(今でも美女カップルを見ると悔しいです。この悔しさから解放された時、自分はナンパを引退できるのでしょう。)

25歳まで童貞でしたが、性欲だけは群抜いていたので、韓国旅行中に風俗で40歳くらいのババアと初体験した後、長年海外風俗に入り浸っていました。何年もモテないことからずっと目を背けてきた訳です。そんなオレの状況を見るにみかねた会社の先輩が、オレのために合コンを企画してくれましたが、緊張して女の子とろくに話せず、非モテをさらして恥ずかしい思いもしました。会費を免除されたくらいです笑

「このままオレは一生結婚できずに死んでいくのか?それは嫌だ。それなら、結婚相談所に行って可愛くない女と結婚するしかないのか?」そんなことを考え出した30歳の時(海外勤務中)に、ネットナンパを始めてみました。待っているだけではオレは一生彼女できないとようやく悟ったわけです。そこでなんとか人生初の彼女(現地人)を作りました。その後、他にも10人(全て外国人)ほどゲットし、うち2人とは良い関係を築けました。

日本に帰ってきてからもネトナンやって彼女を作ろうとする。だが、低身長やルックスの悪さも関係したのか、さっぱりモテず(10連続アポ負け等)、ついにネトナン放棄。どうせなら自分の好みのタイプと出会いたいと思い、ストリートナンパを始めました(2015年~)。

継続しているうちに、そこそこゲットもでき、今付き合っている大切な彼女もできました。出口の見えない恋愛の呪縛から解放され、自由になれたのは良かったです。そして、度胸もついて会社での振る舞い方が向上したのは良かったw
最終的な目標は「かわいいセフレを5人作れる」「年間50即できる」実力をつけることです。

<PUA基本3か条>
1.主体的であること
2.例外であること
3.失う覚悟を持つこと

全記事表示リンク

検索フォーム

カテゴリ別記事一覧

つぶやき